スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1129

CA3F0026_convert_20101129203648.jpg
秋田県男鹿半島へ
夫の釣りのお供で行ってきました♪

盛岡からは車で約3時間の道のり。
金曜日の夜中2時出発です。

途中道路に設置されている気温掲示板は

-3℃!!

マイナスだよ!氷点下だよ!

さむいって~(笑)


しかし、深夜二時の冬の夜空の美しさに・・・

そよかぜ大興奮☆

ちょっ・・・

オリオンやばい(笑)


「ギリシャ!ギリシャ!いや、ローマか?
神話じゃね?だから神話だって!」」


途中の車内でも
意味不明に大騒ぎ↑↑↑

東北の大自然のもとでは
プラネタリウムなど不要ですなぁ(笑)



そして、日本海の夜明けです。


地元の釣りきち、おじちゃんたちも
一緒にぱちり。
風流ぞな(笑)



そんな美しい景色を眺めたものの

とりあえず


さむっ!


とにもかくにも
さみぃ~


寒いのは
死ぬほどニガテ。

しかし、
どんな過酷な状況でも眠れるのが
ワタシの特技。

日当たりの良い
コンクリートの壁をみつけて
ホッカイロまんたんの背中を
押し付けて

直立不動で熟睡(笑)




帰りの車の中で
夫が


「おじちゃんが、寝てるって気づくまでずっと
お前にクギヅケになってた」


いやん(笑)




ではでは
明日から6連休を頂いたので
ちょいと千葉の妹の家まで

しばし外泊☆


今夜の深夜バスで

行ってきま~す^◇^



帰ってきたら、初売りまで
駆け抜けるぞ~!!!


スポンサーサイト

1126

うお!


今井悠貴くんのこと
書きたいんだった^◇^;


そうそう
『薔薇のない花屋』です。
これは作品自体も
そうとうハマったドラマ。

脚本はアノ野島伸司さん。

そよかぜの大好きな
ネクラな香取慎吾くんを

堪能できる貴重なドラマ(笑)

ヒロイン竹内結子さんの
独特な台詞まわしも
野島作品ならではなのだ。


不遇な生い立ちの子供を演じることが多い
悠貴くん。
もちろん野島作品でも裏切りません。


慎吾ちゃんの娘の同級生で
両親にネグレストを受け
万引きを繰り返す少年の役。

同じ経験をもつ
慎吾が『ネグレスト』に気づき
少年を施設に連れて行く・・・というストーリーでしたが


ネグレストを受けている子供が
施設に保護されるには
子供自身の明確な意志が必要なのだそうです。

自ら家を出て施設に入る、という
・・・すなわち
子供が親を捨てる
という哀しい意志。

どんなに状況が明らかでも
他人が勝手に
施設に連れて行くことは
不可能。



悠貴くんからの
SOSというメールを受け取り

慎吾が救出に向かうシーン。

担任の先生(釈さん)
花屋の隣で喫茶店を営むマスター(寺島進さん)
万引きされたスーパーの店長(あまのっち)

救出に協力するメンバーそれぞれも
かなりイイ味でてるのだ。


少年が自らの意志で
家を出る瞬間。

玄関を出る前に
両親の方を振り返る瞬間。

親を捨てる瞬間。


その哀しい瞬間の
悠貴くんの表情あたりから

涙なしには直視できません。


そして

施設の入り口でのシーンが
ヤバイ。


慎吾と寺島さんは
少年を助ける謎のヒーローとして
覆面をかぶっているのですが
(ソコが野島ワールド)

覆面をかぶったまま
少年にコトバをかける
慎吾と寺島さん。

「どうしても辛いときは
いつでも駅前の花屋にくればいい。
そのときは薔薇の花をもってくれば
すぐにわかるから」

「花屋じゃなくても、いいんだぞ、
隣の喫茶店でもいいんだぞ」


くぅTーT


そして、そのコトバをじっと
聞いている
悠貴くんの表情が
すさまじい☆

台詞なしアップですぞ。


悔しさ
哀しさ
恐怖
不安
怒り

そして感謝。


きっと
コトバになんかならない
できるハズがない

小さな胸を押し潰しているだろう
感情のすべてを

歯を食いしばって
涙をこらえる
表情だけで

表現しきっている
役者 今井悠貴くん。




最後に

「へーんしん!」と
ヒーローの変身ポーズを慎吾たちに決めて見せ

施設の方へ
くるりと
後ろを向く
きわきわでギリギリの表情から
後姿まで・・・


彼は全身で

泣かせます。


何回みて
何回号泣したか
ワカラナイT△T



哀しんでいる人間より
哀しみをこらえている人間の姿ほど

哀しいです。






その後も

ハガネの女では

不登校の少年。

学校の屋上から狂言自殺を
しようとする
彼の立ち姿は

猫背になってた・・・

病んだ少年の心の闇を
猫背で表現しつくしたように
ワタシは思えたのですが。



そして
3週間前

木曜の夜になにげなく
チャンネルを回していたら


病院らしき屋上から
飛び降りようとしている
少年の映像が
目に飛び込んできた


はっ
もしや


速攻
録画ボタン(笑)


凝視していると・・・

投身自殺をしようとしていた
その少年が

飛び降りる前の
一瞬

顔をゆがめるように
微笑んだ・・・





わあ!


全然途中からなのに

医龍に夢中(笑)




この秋に公開になった映画
『七瀬ふたたび』では

テレパスの少年役を演じたらしい
悠貴くん。


主人公 七瀬と同じ
人の心が読めてしまう超能力保持者。

これまた哀しい存在です。




いやあ~



陰の中で揺らめく
強さと弱さ


的なやつ



好きすぎる

ワタシ//▽//



今夜は、
語りすぎました・・・^^;




お付き合い頂いた方ありがとうございます。

1126

DSC03265_convert_20101126164434.jpg
今日の画像は
パッチワーク♪

着工したのは
夏・・・

△やら□やらの小さい
型紙を使って
生地に直接
鉛筆でしるしをつけて
何百枚ものピースを
裁断する

という
パッチワークの中で
おそらく
いちばん地味で
つまんない作業を(笑)

室内温度33度の
部屋の中で

熱中症になりかけながら
ひたすらやったT0T


夏の手芸は過酷だと
思いました。

いや・・・
素直にエアコンつければ
よかった^^;

で、
なんとか
全てのピースを縫い合わせるところまで
たどりつき

ナゼか放置(笑)


編み物の季節になってしまったのですなぁ。


完成形は
60㎝角のタピストリー☆

残す作業工程は

キルト芯(シート状の綿)を裏側にしつけで縫いとめ
まわりに縁布をつけ

キルトステッチと呼ばれる
こまか~いステッチを
表布全体にちくちく施し

最後に裏布をつけて

完成☆


けっこう
まだまだかかると思われます^^;


でも
童話 青い鳥がモチーフとなってる
このタピのデザインが
絵本の挿絵みたい^◇^で
とても気に入ってるから

ぜひ完成させねば!!!


DSC03267_convert_20101126165136.jpg





1125

DSC03260_convert_20101125214518.jpg
昨日
福田麻由子ちゃんについて
少しふれましたが

彼女はもう子役ではなく
立派な女優さんですなぁ~


ドラマ『白夜行』で

「ころしたのは わ た し だ よ」

という
彼女の演技を初めてみたときに

天才子役はっけん☆

とワクワクしたものですが
これからもっともっともっと
成長が楽しみ^◇^


しかし
ワタシそよかぜが
もっとも惚れ込んでいる
天才は
彼女ではない。

あのコ//▽//あのコ


そう・・・


今井悠貴くん

うふ。


彼を初めて目にしたのは
TVドラマの『はだしのゲン』

こちらも5年くらい前になりますか。

2夜連続だったのですが
前編では、原爆で亡くなってしまうゲンの弟役
後編では、その弟に瓜二つの全くの赤の他人

という一人二役を演じていた
今井悠貴くん。

別人にみえました。
大げさではなく(笑)


どえらいもん
みつけちゃった


ワクワクどころか
ゾクゾクです。


すぐさま
調べて
映画パッチギに出ているのを
レンタルで確認(笑)

そのパッチギでも

不幸なコを演じていたのですが
お父さんに抱きしめられるシーンで


みちゃった・・・





お父さんにぎゅうっと抱きしめられながら

そのお父さんの頭に腕を回し
お父さんの髪をいとおしそうに
小さな手で何度も何度もなでていた

悠貴くん。


そ、そ、そ、そ、そ、
それは演技指導があったのですか???


まさかね

自分で考えたアドリブじゃ・・

どうみても6,7才だぜ。

あまりの凄さに
コワくなって考えるのやめました(笑)



その後も彼は
数々のドラマに出演し

夫にどんだけドン引きされようが(とうとう子役にまでか・・・と)
ワタシは彼を見守り続けてきました(勝手に)


3年前の月9『薔薇のない花屋』での
表情も

凄かった・・・






止まらないので


次号つづく(笑)




1124

DSC03262_convert_20101124111746.jpg
先月に引き続き、
シフトが月前半に集中していたので
今月も月後半は

やすみだらけ~♪^◇^

昨日も今日もお休みで
しかもイイお天気◎


お昼ごろ第2回戦の
洗濯物を干していると

春にお隣に引っ越してきた
ふたごちゃんがママとお買い物から
帰ってきて
フェンスの向こう側から

「コンニチハー」
「コンニチハー」

りんしょう♪^◇^♪^◇^


きみどりとブルーの色違いのダウンが
かわい~ったら、まぶし~ったら☆



推定3才ぐらい(笑)のふたごちゃんは
いつも元気!


少し前のお休みの日などは



「動物公園いくの~」
「動物公園いくの~」



「いいね~
何の動物が好きなの?」



「動物公園いくの~^◇^」
「動物公園いくの~^◇^」



「そ、そっか~
動物はなにが好きなのかな?」




「動物公園いくの~^◇^」
「動物公園いくの~^◇^」



「な、なんのどうぶつ・・・」



「どうぶつこうえんいくの~^◇^」
「どうぶつこうえんいくの~^◇^」



「・・・。」


まっいっか^^;



今日も、フェンスにへばりついて
延々とあいさつをし続ける
ふたごちゃん

しまいにはママに・・・

「そんなにみたら、
おねえさん恥ずかしいって言うよ!」



注意されていた(笑)


あっ
あは


うん、おねえさんハズカシイ
(すっぴんだし)(おねえさんじゃないし)



最近の若い親御さんは
紳士淑女の教育をされますなぁ。



さて、今日は
友達に薦められていたのに
いつも忘れちゃってた


ドラマ『Q10』の
先週分録画をみました~♪

『すいか』や『野ブタにプロデュース』で
おなじみの脚本家
木皿泉さんの作品。

ある意味
『野ブタ』で人生が大きく変わった
ワタクシそよかぜ(多くは語りませんが:笑)

おまけに
主演の佐藤健くんも前田のあっちゃんも
すきすきなのに


どーして見逃していたんだ!?



こんなに

おもしろいのにぃいーーT0T



♪悪いのはボクのほうさー
キミじゃなーいー



野ブタファンなら
号泣間違いなしの

映像
  音楽
台詞




ひりひりしてるのに
やさしい

現代のリアルな高校生群像劇を描きながら
生々しいのに
どこか懐かしい

木皿ワールド☆




思春期の少年少女も
そして
大人も
実はあわせもっている

ピュアと残酷な部分


その二面性の
見事なリンクがスバラシイ☆


たった1話分をみただけなのに

そのたった1話の中に

これでもかというほど
多くのメッセージが盛り込まれていました。


木皿さんて凄い☆




どうやら物語のキーマンらしい
謎の女子生徒を演じる

福田麻由子ちゃんは

ワタシが将来をえらく楽しみにしている
子役さんのひとりなのですが


わー

イイ
//▽//


あっちゃんも
色っぽいの~お(笑)



1122

DSC03246_convert_20101120155036.jpg
このまま一気に
冬突入かと思いきや
なんとなく、秋が足踏みしてるような
ここ盛岡。

雪も例年より遅い感じじゃない?^▽^

と・・・油断してると
明朝一面銀世界だったりする(笑)


だけど、先週すべりこみで
カメラにおさめた紅葉は
もうすっかり夢のあと。

夫を連れて、のんびりピクニックでも
すればよかったな~

と、少し反省^^;



仙台に住んでいたときから
春のお花見だけは、
ナゼか毎年かかさない
そよかぜ夫婦。

年毎に花見酒のバリエーションも
色々で
ビールはもちろん
ポット持参で梅酒やら焼酎を
お湯割りにするのも
肌寒い東北のお花見には
体も温まるし、なかなかオツなもんです。

近年では、赤ワインに桜の花びらなんぞを浮かべつつ
サンドイッチをかじるのに
ちょっとハマっています。


去年など
地方新聞の記者さんに取材を受け
大張り切りで写真に載った^^;

と、完全に
花より団子なのですが


でも、
毎年思い
毎年話します。

こうやって二人で
こんなに美しい桜をみれるってさ

たとえ順調にお互い
平均寿命を生きられたとしても

あと40回ぐらいなもんなんだよね~。






「40回」

ワタシは
それを
とても少ないと

思う。





1120

DSC03222_convert_20101120153546.jpg
さて、唐突ですが

このブログ名『プリズムリズム』の由来を
勝手に書きます^◇^




小学校のときに読んで
とても大好きになった本。

『少女パレアナ』


当時TVアニメでやっていた
『愛少女ポリアンナ物語』の
原作本です。

古いですなぁ^^;


思い起こせば
ワタシが生まれて初めて
人に薦めた本。

同級生に
「この本面白いから読んでみて」と
なかば強引に貸した記憶があります。

それくらい感銘を受けた本でした。






不幸な生い立ちの
少女パレアナ。
だけど
亡き牧師のお父さんから教わった

どんな小さなことからでも
喜びをみつけるゲーム
『よかった探し』をする
ケナゲな女のコ。

どんなに辛く哀しいことがあっても
パレアナは『よかった探し』で
自分だけじゃなく
町中の人たちを幸せにしていきます。



自分が嫌な目にあっても
それが友達じゃなくて
よかったわ!

急な雨でずぶぬれになっても
洗濯する手間がはぶけて
よかったわ!

などなど
無償の愛から
コトバ遊びのようなこじつけ
まで(笑)

最初は、「なんてこまっしゃくれた子供なんだ!」
と、馬鹿にする、頭も心も固くなってしまっていた
大人たちの人生観さえ
変えてしまう力がパレアナにはありました。




しかし
そんなパレアナに悲劇が・・・

交通事故で下半身麻痺になってしまうのです。

カーテンを閉め切った
暗い部屋で寝たきりのまま

周りのどんな励ましも届かず
「よかった探し」が
できなくなってしまったパレアナ。

読んでいたワタシも
パレアナと一緒に
絶望しました。

でも
そんなパレアナを救う人が
現れます。

お見舞いに持参したプリズムで!!!


プリズムとは
ガラス細工のようなもので
光を通すと
その光を色々な角度に屈折させ
七色の光を映しだすもの。

カメラの部品にも使われているらしい。


その運命の人は
真っ暗だったパレアナの部屋を
プリズムの光によって
七色であふれさせるのです。

同時にパレアナの心も。



「歩けなくても、こんなに美しいものが
見れる目があるのね!よかったわ!」

たしか、パレアナはそんなコトバを言ったような気がします。





当時プリズムなんて
みたことも聞いたこともなかった
そよかぜ。

小説の描写だけで
想像をめぐらせ

そのシーンは
一生忘れられないものになりました。


ないものを嘆くのではなく
あるのものに感謝をする。

失ったことより、それで得たことに
喜びを見出す。

「よかった探し」は
いわば究極のプラス思考。

それでも人生はそんなに甘いものではなく
そんなプラス思考さえできなくなってしまう
絶望の日がくるときもある。



この本は
間違いなくワタシの人生に大きな影響を与えた
一冊でした。


そして
パレアナの真っ暗で絶望の世界に
一筋の光を差し込んだ
プリズムという存在が

忘れられない☆


プリズム=パレアナが周りに与えた愛

の象徴なのかな~
なんて
今、書きながら大人の解釈を(笑)したりしますが



ブログ名を考えたときに
ただ単純に
『プリズム』ということばを入れたいな
と思った次第。

子供の頃に想像した
あの忘れられない七色の光で満たされた部屋。





どんなにありふれた毎日だって

日々は自分次第で
美しい光で満たされ
美しい音色が流れる

そんな願いをこめました。









1118

DSC03255_convert_20101117210332.jpg

連休二日目。
今日はやや真面目に家事をしました。

外は
晩秋?初冬?の
気持ちの良いお天気。

洗濯とお布団干しは
やらざるをえない(笑)

ついでにYシャツのアイロンがけと
掃除機がけとおトイレ掃除も

やった♪

庭から霜で変色してしまう前の
アイビーを摘んできて
ガラス瓶に生け
キッチンに飾ってみたり

おお!主婦っぽい(笑)


午後からは
向井理くんの舞台の抽選の申し込みをしたり
山下智久くんのコンサートについて調べたり

マフラーを一本編み上げたり
メールをしたり

シチュー作ったり
ちょっとお仕事の書類書いたり

結構充実^◇^



11時まで寝くさっていた
ダメ人間とは
思えない(笑)




昨日
紅葉に夢中になっていたら
あっという間に

つるべ落とし☆


薄暗くなった
寂しげな空の片隅に
月がみえたので

少しだけ立ち止まって
少しだけ眺めた。


無機質で古めかしい
共同住宅の壁のクリーム色が
なんだか
やさしくみえました。






1117

DSC03256_convert_20101117201845.jpg

今日明日はお休み♪
なんだかんだで
二週間ぶりの連休。

よーし!

ダラダラ過ごすゼ。


何か目的があれば
ひとりで何処へでも
ホイホイ
飛んでいってしまうワタシですが

目的がなければ
基本
ひきこもり^▽^


ひとりで過ごす時間が
まったく苦にならず

むしろひとり遊びだいすき。


お気に入りの俳優が出てる
ドラマや映画を延々とみたり

本を読んだり

家中の不要なものを探して
捨ててニンマリしたり

ブログ書いたり

写真撮ったり

庭の植物を眺めていたり

今は仕事と趣味をかねた
手芸という格好の遊びもありますし

なんにもしたくないときは
一日中考え事とか

すき。

スーパーやドラッグストアを
何時間もかけて
眺めるのも
すきかも。


その他
変わったところでは

地図帳を眺める
路線図を眺める
ひらがなの練習をする



今のバイトを始めた頃
店長に
「字が上手だよね」と
褒められたので

「ひらがなが好きだから
練習したんです^◇^」
と答えたら

「カワッテル・・・」
と絶句されたので

変わってるんだと
自覚(笑)


基本凝り性なので
ひとつ好きなことをみつけると
ずずーっと
のめりこんでしまうのだ。
自分の中に
満足ラインがあって

ソコに到達するまでは
結構しつこくやる(笑)


飽きっぽいわけではないのだけど

あまりにも
一気に情熱をそそぎこんでしまうせいか
ある一定までやりきると

ふっと
満足して

殿堂入り(笑)

そして
また別の知らない世界に
興味が移る。


母親曰く

「おねえちゃんはいつも何かに熱中してるけど
なんだか何にもモノになってないみたいで
フラフラしててよくわかんないわねぇ」


たしかに^^;




手に職をつけるわけでもなく
なにかを極めるわけでもなく
一流どころか二流にもなれず
三流ぐらい?(笑)

役にたつといえば

接客のときに
お客さんとの会話に
困らないこと

ぐらい?^^;




人付き合いは
嫌いじゃないし

なにより
お酒+語らい

大好物。


自分の運は
人との
出会いと関わり合いで
ひらけてきた
って

常々思っています。

人にはやさしくしたいし
人にはやさしくされたい。

ジブン以外の誰かに愛されることは
最大の喜びでシアワセだと
思う。


だけど
一方では

ひとりでいることに
全く孤独感を感じず
それを
なにより自由で楽な時間
と思うジブンも本当のワタシ。



大切な人間関係があるから
ひとりでいても
寂しくないし

自分だけの大切な世界があるから
人をギスギスみなくてすむし

たぶん
両方が両方を支えあって
ワタシは楽しく暮らせているんですなぁ。



今日は
日中、
白石一文さんの『すぐそばの彼方』を読み

あんまり面白くなかったので(笑)
夕方
散歩がてら近所の
紅葉狩り♪

見頃はとうに過ぎてしまっていたけど

カメラをぶらさげブラブラのんびり

悪くない。

途中、遠くを横切っていった
黒猫も

紅葉なんてくそくらえ
と言わんばかりに
わき目も振らず掃き掃除をしている
おばさんも

帰りに寄ったドラックストアのレジで
「314円たまっているので
今日のお買い物はポイントで出来ますよ」
と親切に言ってくれるおじさんも(笑)


みんなほっこり悪くない^◇^





画像は
もみじとガードレールの
色の対比が
きれいだなって

思って撮った一枚。


さて、
明日は
トイレ掃除しよっと(笑)







1117

DSC03212_convert_20101114201712.jpg
どれもへんてこりんなのに
なんとも魅力的☆な

お庭のワイルドストロベリー^◇^




週末、近所の居酒屋で
夫と飲んでいたら
突然


「愛することができないんだよ!」


近くのテーブルで飲んでいた
男性客二人のうちの
ひとりが

言っていた・・・


ひー
驚いた(笑)



やはり
人生はいろいろ
ですな。



1112

今日は、お休みでしたが

例の会社の季刊誌の写真撮影をしに
本社からセールスさんが来るので

結局2時間ほど出勤。


気づけば
自転車をこぎながら
目に流れ映る景色が

色とりどりでした。




あんまりみてなかったな・・・。






ここ盛岡のお天気は

太平洋側で生まれ育った
ワタシには
あまりにもなじめない

内陸性気候。


いつからか
ワタシは

折りたたみ傘を
かかさず持ち歩き

代わりに


盛岡の空を

なるべく
みないで生活するように
なってしまった。







岩手出身の夫の同僚が
2年前に
金沢に転勤になったのですが

帰省すると
彼はこう嘆いてるそう。

「やっぱり盛岡の空は青いなぁ。」




慣れ親しむって

そういうことなのですなあ。







1111

お別れはさ
見送られるより
見送るほうが
寂しいんだよ
おねえちゃん。


ずっと前に
妹がそんなことを言ってたけど


ほんとうみたいだ。



もうここにはいたくないよ。
帰りたい。


そんなわがままを
ちょっぴり誰かに
聞いてもらいたい
思ったけど


やっぱりできなかった

な。



そんな夜

めったに連絡なんかこない友達から
一通のメールがきた。

「ちゃんとしろよ!」

ぶっきらぼうな奴そのものの5行が
並ぶ

小さな画面を

ワタシは
何度も眺めた。






1109

4日間のセールも昨日で終了♪

売り上げも無事前年クリア+αで
とりあえず一安心^◇^

でしたが、
いやー
セール初日は休みだったにもかかわらず
準備から撤去、そして
セール明けの今日は
売り場のディスプレイ変えと続き

さすがに集中力が切れてきた^^;



うへえ

たった今、
こうやってブログ書いてるときに
突如
今日やってきた仕事の間違いに・・・

・・・気づいたT0T


あわてて先輩スタッフに
お詫びと訂正のお願いメール。

お客さん云々ではなく
事務作業の間違いなので

ふ、ふう^^;



事務作業は

集中力とか関係なく


ニガテですT▽T





さ、

明日は仙台から友達が
遊びに来てくれるので
気分転換します♪



会いに来てくれるひとがいるって

シアワセだなぁ//▽//






1106

DSC00850_convert_20080613013355.jpg
画像は、いつかの空。




昨日から、バイト先の百貨店が
年に一度のお祭りセール中。

なにやら初売りより集客があるそうで
全館あげて、なにやら凄いことになってる。

当店の売り上げも、普段の4~5倍なので

おーいそがし^◇^

セールは残りあと2日

ワタシの出勤はあと3日


がんばるー b^◇^




話は全く変わりますが

映画 ノルウェイの森の公開って
来月だったかしら?

結構前に
映画化のニュースをきいたとき
キャスティングに興味シンシンで
友達と、予想バナシに花咲かせました☆


さんざん、あーだこーだ言って
最後は

「主人公は、どーせ瑛太か松ケンだよね」
みたいなことでハナシは終わったのですが

当たって笑った(笑)


ワタシがノルウェイの森を初めて読んだのは
中2の頃。
たしか新刊で出たのもその頃だったような。

本屋さんに平積みされている
赤と緑の鮮やかなハードカバーが
なんだかやったらキラキラ☆みえて
ちょっぴりドキドキしながら手に取ったのを
覚えています。


背伸びしたい年頃でしたなぁ。


欲しかったけど、中学生には
結構高額。

でも、
ワタナベくん
という
主人公の名前が
その時好きだった男の子とおんなじ苗字だったから

という乙女な理由で


買った(笑)


しかも冬休みの読書感想文の題材にしたので
余計に印象に残っていた本なのだ。



そんな思い出もあり、映画化を知ったとき
なんだかすごく懐かしくなり

再読してみました。


14才のワタシ。
30ウン才のワタシ(笑)


同じ本を読んだら
きっと感じることは違うんだろうな~

って、ちょっと期待大でしたよ↑↑




結果は・・・


なにもかも
おんなじ。


いいな、と思う場面も
やだな、と思う場面も

じん、とくる場面も
うわわって思う場面も

いわゆる琴線に触れる・・

手をとめるページ全てが
同じ。



あれれ
  
おかしい
コレはおかしい。




少なくても
なんにも知らずに読んだ性描写と
たいてい知って(笑)読んだ性描写
ぐらいは

感じることが違っても
よいのではないのだろうか?


うーむ。





1105

DSC03207_convert_20101105180638.jpg

先日、編み物の先生に習って作り始めた
かぎ編みのストールが
まもなく完成~♪


チャレンジしてみれば
なんてことない

くさり編みだけの
お花のモチーフをひたすら
編み繋ぐ

かんたんストール^◇^


なんちって^^;
習ったからこそ

言えること(笑)


コレを編み図をみながら
ひとりでやろうとすると

案外ムズカシイんだよなぁ。

習うってスバラシイ☆

独学は嫌いじゃないけど
遠回りだもんね。


一本の糸がいろんな色に染め分けられてる
毛糸を使っているので
自分で色を変えなくても
こんなにカラフルな編地になるのだ。

赤、紺、ターコイズ、白の組み合わせが
北欧チックで
お気に入りです^◇^


陶器→化粧品→お花→手芸
と、次から次と興味のおもむくまま
仕事選びをしているワタクシ。

フリーターの醍醐味・・・
いや、ちがった
専業主婦フル活用。

次にやりたいことも
もうすでに決まってたり
する

ああ能天気(笑)

ダンナさまに感謝☆


しかし時々、
ワタシの人生はこのまま
何一つ成し遂げずに終わるのだろうか・・・
とか
思う。




この前
店長と
「宝くじが当たったらナニをしようか?」
という
よくある会話(笑)をしました。

三億ぐらいの使い道妄想☆



そんで
店長の妄想は
好きなものだけに囲まれたお城で楽しく暮らす

店長らしいです。

隣のショップの仲良しちゃんにも聞いてみたら
ジャニーズ事務所を買い取る

いいねそれ
YOUヤっちゃいなよ(笑)


ちなみ二人とも

そんときは
そよかぜを

ガーデナーとして(夫婦ごと)雇ってくれて by店長

山下智久くんとデートさせてくれる by仲良しちゃん

のだそうです。

金持ちって寛大(笑)



さて、
ワタシそよかぜのアンサーは

一生、世界中を旅してまわる

結構真剣に考えて出した答え(笑)

気の赴くまま
今月はイタリア来月はヨーロッパ
再来月はアフリカ

あ・・・やっぱ北極に行ってみっかな~

とか
さいこー^◇^

世界遺産とか制覇したい☆

世界中の異文化にふれて
たまげてみたい☆


そんなことをちょっと店長に
話してみたら

「そよちゃんらしい!」

と言ったあと
少し考えて店長は・・・

「でも、お金もってるのに
高級ホテルに泊まってるそよちゃんは
どうしても想像できない。
お金もってるのに
ボロボロの安いホテルとか、
野宿とか、してそう。
なんでかなぁ??」



あ・・・
当たってる(笑)

ホテルどころか行きずりで知り合った人の家とかに
泊めてもらってますよ・・きっと♪




って・・・
・・・店長



疑問て
ソコ?!




彼女はB型(笑)




1104

バイト先の手芸店では、
会社が発行する季刊誌があって

内容は主に、

月2回発売される新商品の紹介とか
コラボしたデザイナーさんへのインタビューとか
各ショップで行われるイベントの案内とかとか
情報系。

一応、定価525円なのですが、

当ショップのファンの方には
結構楽しみにして頂いている本です☆


で、
その季刊誌の巻末ページに
お店紹介というちょっとしたコーナーがあり
毎号、全国の店舗が順番に
お店やスタッフの写真と
その地方ならではの紹介文を掲載しております。


ちなみに今回の冬号は金沢のお店。


で、
次号は
わが盛岡店☆


で、
その紹介文を
考えなきゃいけないことになった^◇^;



ブログを好き好んでやってるくらいなので
何かを文章で発信するのは
けっこうすき・・・
だけど


会社のだし
活字だし
商品だし


ブ、ブログじゃねえ!
遊びじゃねえ!!(笑)


キンチョウ^^;



でもって
昨日なんとかかんとか
無い脳みそふりしぼって考え、
本日無事提出。

限られた字数で
伝えたいことをまとめるのって
ムズカシイですなあ。



どげでしょうか?
↓↓↓↓↓↓↓


盛岡市は日本で二番目に広い県、岩手県の中心に位置し、
市内のどこからでも望める岩手山と
市の中心部で合流する三つの大きな河川がシンボルです。

雄大で豊かな自然と趣のある町並みの風景に囲まれ
長く厳しい冬を過ごす盛岡の人達にとって
『手仕事』は生活の一部として息づいています。

盛岡城址跡近くの○○にある○○は
手芸を愛するお客様の笑顔でいつもいっぱいのお店。

色とりどりの毛糸や美しい生地、繊細で可愛いパーツなど
眺めているだけで手作りゴコロが刺激される空間です。

元気いっぱいのスタッフ一同、いつも笑顔でお待ちしております。
「おでんせ!盛岡」



いやあ

冷麺とか、わんこそばとか、じゃじゃめんとか
石割桜とか、中尊寺金色堂とか
宮沢賢治サンとか小沢サンとか(笑)

もっともりもり盛岡と岩手県の魅力を!!!


じゃらんにもるるぶにも
負けるもんかって思いましたが^◇^

ムリ♪


でも、色々試行錯誤して書いてみて
気づいた。


コレって、ワタシが3年前に
ココ盛岡に来て感じた第一印象そのもの。


なんてデカイ山なんだ
なんてデカイ川なんだ

そして

なんて・・・


寒。



その風土にふれ
その土地で暮らす人達の心にふれ

よそから来た人間だからこそ
新鮮に感じることも多い

盛岡で迎える4度目の冬。


やっぱ、さみぃ~T◇T(笑)






1102



先週金曜の更新のあと、
また仙台に行ってきました♪


金曜の朝、仙台出張だった夫が出がけに

「気が向いたら向こうで合流しようぜ」
と言うので

とりあえず
「りょーかーい。決めたらメールする」
と見送った。


とりあえず午前中はまったり。。。

午後になり、とりあえず
思い当たる友達にお誘いメールをする。


・・・


交渉成立^^v


速攻、夫にも連絡して
こちらも手はず完了。

2時半から身支度を始め
4時のバスに飛び乗り
7時に友達と合流~☆

友達と楽しい数時間を過ごした後
夜11時に、仕事後の夫とめでたく合流。


今日の画像は
仙台に向かうバスの車窓からの夕日です。


ワタシが行き当たりばったりなら
夫も相当行き当たりばったり

そんで、今回3年ぶりくらいに
飲んだ友達も
行き当たりばったりに
乗っかってくれる人物。



全員O型(笑)




昨日の休憩中
同じフロアの仲良しちゃんと
たまたま一緒になったので
楽しくおしゃべり♪

スタイル抜群の10コ下の彼女は
トップでまとめてるおだんごがとっても似合ってて・・・
若いってスバラシイ☆

しかも彼女は外人好き(笑)
そしてワタシのヘンタイ話に
いつも笑顔で付き合ってくれるのだ。

そんな彼女と昨日もまたいろいろと盛り上がり

「飲みたくない?」
「飲みたい!」

「なんなら今日行きたいぐらい」
「だよねだよね」


なにやら、彼女も思い立ったらナントカ性分らしく

ずっと先の約束とかは

ワカンナイ
とな。



意気投合^◇^^◇^



そんな彼女も
もちろんO型(笑)



約束するなら
できるだけ近いほうがすき。

今日。
あさって。

3日以内がベスト☆

一週間先はちょっと遠い。


一ヶ月先・・・

めんどくさくなる恐れあり(笑)

三ヶ月先なんぞ・・・

生きてるかどうかもワカンナイT-T
そんな気になる。


もっともっと先・・・


ヤダ(笑)





待つという行為は
待ってるその時間は


何も出来ない時間

だから

かなぁ。





ブログ内検索
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。