スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0228

CA3F0037_convert_20110228150643.jpg
春の歩みが
とことこと聞こえますね。

2月も、終わりですもの。

先週は、夫が一週間出張だったので
なんだかぼけぼけして過ごしていたのですが

急遽週末、
仙台からマブダチちゃんが泊りがけで遊びに来てくれて

それはそれは

めくるめく時間を
過ごしました☆

どんな時間だったかを
ここに記したとしても

読まれた方は、面白くもなんともないと思いますので
割愛(笑)



お酒の飲み方にも
人それぞれありますが

泣くお酒
怒るお酒
グチるお酒

陽気なお酒
ハレンチなお酒

んふっ(笑)


さてさて

今夜は、バイト先の本社の方が
来盛して
去年の売り上げ達成のごほうびの

お食事会

・・・コホン。

仕事上のお酒^^;



ではまた♪




スポンサーサイト

0224

CA3F0087_convert_20110222173411.jpg

少し前から、好きなひと。というか
気になるひと。ができました。


満島ひかり☆ちゃん。


ウフ//▽//


わたしは、自分の好みが
はっきりしていて
それは異性に対しても同性に対しても
おんなじで

オトコのひとでもオンナのひとでも

お気に入りをみつけるのが
大好き。

そして、お気に入りをみつけたときは
どっちにもおんなじように
ココロときめく春らんまん。

ムフフのフ。
なのだ。


ワタクシは
レズでもバイでもないけど
しいて言えば・・・

ヘンタイ?(笑)


女優さんだろうが身近な女性だろうが
完全におっさん目線でみているのだ。



職場の百貨店の年上社員さんが
髪型を変えたのに気づいて

「いいですねぇ、前よりぐっと女っぽくて・・・でへへへ」


そんな風に、たとえ口に出さずとも
つねにいろんな女性に対して

このひとは足が綺麗だ。

このひとは声が可愛い。

このひとは髪がつやつや。

など、いつも心の中でニヤニヤしている。

きっと全て口に出していたら

まちがいなく変質者かもしれない(笑)


でも、その性癖のおかげで
ワタシは、わりと女性社会で生きることに苦労しないのだ。

女性特有の妬みや嫉妬という感情の対象に
入らない・・・というか
入れてもらえない(笑)



ちょっと話がズレましたが


そうそう、満島ひかりちゃん★

彼女をいつ認識したか正確な時期は、忘れちゃったけど

あるときたまたまメディアで目にして

あ。このコ可愛い◎

ひとめぼれ//▽//


ある夜、TVみてたら
クレジットカードかなんかのCMが流れて

あれ、あのコじゃない?

やっぱりあのコだわ。

う~ん、
なんとも色っぽい。


黒目がちのぱっちりおめめ。
その瞳の奥にある秘められた光の色が

タイプ(笑)

その直後に、彼女が映画監督と結婚したと知り

ますます色っぽい。

そして、彼女が注目されたきっかけの映画のタイトルが

『愛のむきだし』と知り

ヤバイ
色っぽい。


またまたみかけたCMでは

なんとナース姿で、堤真一さんを翻弄しているではないか!



や~ん

すべてが好み通り◎



ローサとどっちが好きだろうか?・・・

女優としての才能は、ひかりちゃんの方が上だろう。
でも、ローサの内面からにじみでる愛くるしさは特別だ。
やっぱ、選べないなぁ。



などと真剣に考えている自分の
あほさ加減に
ちょっと凹む、今日この頃(笑)



0222

DSC03307.jpg秘湯ビールに♪
DSC03309.jpg
どぶろく♪

うふ//▽//


久しぶりに温泉に行ってまいりました。

二年ぶり♪


去年の秋ぐらいから、夫と
「たまには温泉でも行くか」と話をしていたのですが
なかなか実現せず・・・

だって、温泉って高いんだもの~

15時にチェックインして翌日10時にチェックアウト。

そんであの値段。

なんかすごくもったいない!!
温泉旅行はコストパフォーマンスが低すぎる!!

とか思ってしまう

ケチ嫁(笑)



お風呂好きの夫に比べて
ワタシはシャワー派で、温泉行ってもそんなに何回も入る方じゃないし

深酒大好きのワタシにくらべて
さらっと飲んでさらっと寝ちゃう夫。


やっぱしなんかもったいないT◇T


が、しかし
たまには夫の望みもかなえてあげたいし

毎月生活費からコツコツ貯めた遊び用に使える貯金もあるし

たまには♪たまには♪



で、今回もたまたま二人の土日の休みが重なったので
「どうする?どうする?」とネット検索していたところ

なんと

13時チェックイン翌日13時チェックアウト。
24時間ステイプラン☆



ちょっ、ちょっとこれ


・・・決定。


なんて素敵な
夫婦納得プラン(笑)


ということで

岩手県花巻市にある
鉛温泉・藤三旅館さんをすみやかに予約。



わあ☆24時間だよ!何して過ごそうか?


協議の結果・・・


夫が
最近仕入れた
PCとTVを接続するとDVDが観れるケーブルを持っていく
というので

じゃあ、とりあえずDVDとか本とか
持って行けばいいんじゃね。


飲みながら観ようぜ
飲みながら読もうぜ


ま、そんな感じに決定。





で、行く途中
大量のビールを買い込み

華麗なる一族DVD全巻をレンタルし


はりきって、13時にチェックインしました。



いやあ~


最高でした~


まず宿の目玉である
新日本百名湯にも選ばれている

伝承六百年
日本一深い自噴天然岩風呂がとにかく凄くて

天然の岩をくりぬいたという湯舟の深さは
なんと約125センチもあり
立って入る珍しい温泉なのだ☆

しかも立って入ることによって、足のつけねにあるリンパ腺が伸びるので
血行促進にとても効果があるそうな。
(チェックインの時、説明をうけた♪)

そして
のれんをくぐり、入り口を開けると・・・

うおっ!

なんの前触れもなしに
急降下の階段、一段目だよ*◇*

入り口あければ脱衣所だと
思い込んでいたので

思わず転げ落ちるかと思った(笑)

酔っ払ってたらあぶねあぶね^^;


しかも、入り口に直結してるウソみたいな急な階段を降りるのですが
あまりにも下にあるので吸い込まれそう~

CA3F0001_convert_20110222134705.jpg

たとえるなら・・・

井戸をのぞいた感じ?
そう!井戸みたいな温泉なのだ。

こんな温泉みたことない!
ちょうわくわく☆



天然の岩を楕円型にくりぬいてある
やたら深いその井戸温泉にいったいどっから入ろうかと
おそるおそる、井戸の周りをウロウロしていたら

先に入っていた、おばあちゃん二人組みに

「そこは危ないからこっちからお入り」と教えてもらい

なんとか無事入湯。

思ったほど深くはなかったけど、やっぱり最初は怖いので
ふちにつかまりながら一周してみる。

真ん中にも行ってみる。
場所によって、深さが結構違うのだ。


おばあちゃん達が、「深くないかい?」と聞くので
いろんな場所に立って見せて、深さを教えてあげました(笑)

ちょっと慣れてくると

地階から3階まである吹き抜けになってるらしい高い高い天井を見上げて
つかる温泉の開放感がたまらなく気持ちエエ//◇//

極楽だ~

立ち湯最高◎


その後、他のお風呂も一通り入って
夫と合流。


「千と千尋みたいな温泉だねえ」と
夫に言うと

「あ、ココね、モデルになった温泉らしいよ」

エエー・◇・


検索してるときにネットで見かけた情報らしい。


やっぱりねやっぱりねやっぱりね


妙に興奮してしまいました。


だって

さっきの立ち湯、
カオなしが、いるかと思ったもん
マジで(笑)


以前、四国の道後温泉に行ったときも
千と千尋のモデルになった温泉宿の建物があって
すごく楽しかったけど

岩手にもあったなんて

嬉しい^◇^



そして

温泉宿で観る

華麗なる一族

さいこー(笑)


温泉宿という非日常的な感じと
あのドラマの華麗なる大げささが

見事にリンクして
妙に楽しい。


温泉→ビール→華麗なる→ゴハン→ビール→華麗なる→温泉→ビール・・・

という素敵すぎるスパイラル。


途中、地元のビールとか、どぶろくも注文して
大満足◎

酔っ払って北大路欣也さんのモノマネとかやると

さらに盛り上がる♪

あほだ(笑)


しかも、あの有名なラストの雪山のシーンとか

窓の外には、まったく同じような雪景色がある岩手県。
耳をすませば猟銃の銃弾が聞こえそうな雰囲気。

キ、キムタクぅーーーーーT△T


もはやドラマがドラマじゃなくなってる^^;




いやはや

翌朝ものんびりお風呂に入り
朝からまたもやビール飲んで

お昼ごはんまでついて(ハラいっぱいだ^^;)


満喫◎



ありがとう
24時間プラン

ありがとう
万俵一族(笑)




0218

DSC01788_convert_20110218005149.jpg
DSC01787_convert_20110218004806.jpg
メールってほんとうに便利♪

ちなみにワタシは
手紙とメールの両方の文化を知ってる世代(笑)

初めて自分の携帯を持ってメールをしたのは
社会人になってからですもの^^;

学生までは、友達と連絡をとる手段は家の電話か公衆電話か
手紙しかないのが
当たり前でしたなぁ。

でも、携帯の存在前と後の
両方の時代を知っている
ってのが、なんかちょっと得してる気分が
するのはワタシだけかしら?

新旧のツールを知ってる分
コミュニケーションの選択肢がありますし


不便=ちょっとしたことがドラマチック☆
ということを知っている(笑)


恋文をしたためることでしか
離れている恋人に
愛を伝えられなかった平安時代なんか

そりゃあもう
心が恋の炎で焼け焦がれてしまっていたに違いない。

く、狂おしいっ//▽//


そ、そこまで古くはありませんが
ワタシの時代は

告白ひとつするのも
まず、好きな人の親という
第一関門があって

無事、電話をつないでもらい本人と話せたとしても

親と一つ屋根の下で出来る会話の
不自由なこと不自由なこと(笑)

あ・・ウチは狭い家に住んでいたので
特に・・・ですが^^;

隣に母親がいる手前
恥ずかしくてそっけなく話したのがもとで
当時のカレと自然消滅してしまった

高1の冬・・・(笑)

あのとき、携帯という、ひみつ道具があったら

人生変わっていたのだろうか?

とかね。

でも、電話をかけるときや受けるときの
あのどきどき感は
やっぱり忘れられないドラマチックな思い出です☆

あと文通も楽しかったな~♪

小学生のとき転校しちゃった仲良しのカオリちゃんと
しばらく続けた手紙のやりとり。

カワイイ便箋セットとか買うのも楽しかったし
お返事を待つ時間も本当にワクワクして待ってた。
面と向かっては話せないようなクサイことも
ナゼか手紙だといっぱい書けた。


手紙とメールは、コミュニケーションツールとしては
わりと似てるかな?

ワタシは、実は電話がニガテ。
かけるタイミングも、切るタイミングもわからない。
ビジネスライクだったら出来るけど
プライベートで自分から電話するってほとんどないのだ。

でも、手紙やメールは、相手の都合を考えずに
しかも邪魔することなく自分の気持ちを伝えられるから
安心して送れて好き。


あーそっか☆

だから勝手に発信出来て、ダレにも強制することなく自分の気持ちを発表できる
ブログという形態も好きなのかと・・(笑)



手紙とメールの大きな違いは
速さかしら?

あとは手軽さ?
メールはたった一言でもOKだし。


それとワタシ自身に限って言えば

メールがあるから繋がっていられる関係があるってことかな。
メールがなかったらきっと音信不通かも?という関係。

手紙を書くほど親密じゃなくて
逆にワタシから急に手紙が届いたら
ちょっとひかれちゃうかも・・という
友人でも、メールなら気軽に
「元気~?」ぐらい送れる。

『年賀状以上、電話未満』的な人間関係が作れるのだ。

あとは仕事上でも、休みの人にちょっと確認したいことも
メールなら聞きやすいし、シフト変更のお願いとかも
しやすいし、受けやすいし断りやすい(笑)

夫との日常のやりとりとか妹とのくだらない会話とかも

近いひととも遠いひととも
おんなじように、気軽にコミュニケーションがとれるって

メールならではの利点ですなあ☆


メールと手紙
どちらも気持ちが込められたやりとりなのは同じ。

手紙は、手間がかかってる分
もらったときは、うれしさがちょっぴり倍増かな^◇^


でも、両方の文化を知ってて思うことは

メールでも手紙でも
顔が見えないやりとりは
難しいかもしれない。

でもたとえ文章だけでも
やっぱりその人の人となりや
クセみたいなものがにじみでていて

それは、
声が聞こえる電話でも
顔がみえる対面の会話でも

おなじだな~って感じます。



もっと新しい
ネットを介したコミュニケーションも
いったん出会った場を離れ
一対一で向き合うようになったら
おなじなんじゃないかな~
って、これは想像(笑)



どんだけ便利な世の中になっても

人と人とをつなぐのは

ほんのちょっとの思いやりだよ

ね。






0217

DSC01979_convert_20110214151309.jpg

昨夜、夕ごはんのあと、
いつもなら笑って流すようなちっぽけなことで
夫にキレた。

「はいはい、それはすみませんね!」

人はナゼ怒るとき丁寧語になるのだろうか?(笑)

バイトの後に買い物をしてゴハンを作って
ちょっと疲れてたせいなのだ。

後片付けするのめんどくさいな~
疲れたな~
と、重い体をひきずって冷蔵庫にマヨネーズを戻しているときの
出来事なのだ。


ただ単に疲れてイライラしてただけなので

頭を冷やしながら食器を洗って
夫がセットしてくれたコーヒーをよそって
りんごをむいて

何事もなくなった(笑)


ワタシたち夫婦は長い。
付き合ってもうすぐ20年になる。

付き合い始めて2年くらいで同棲しちゃったから
一緒に暮らしてる時間もおなじくらい長いのだ。

そんでもって
多分、ほとんど喧嘩しない。

お互い長男長女で
わがまま言うのがニガテなのと
きっとお互い平和主義者(笑)

脚本家の北川悦吏子さんが描くドラマのような

お互い言いたいことを言いまくり
喧嘩しながら愛を深めるカップル

とは、真逆の二人なのだ(笑)

たまに
そういうのもイイナって
憧れたりもするけど

駄々をこねてカレの愛を確かめる
とか

ワタシの思考には皆無かなぁ。

自分の気持ちとは反対のコトを言っちゃって
相手を困らせる
とかも

ものすごく居心地が悪い(笑)





夫に不満をもつときは

ああ、夫が自分の思い通りに動いてくれないから
ワタシは今、腹が立つんだなぁ

などと、妙に客観的に思ってしまう自分がいるのだ。

そうすると、怒るのがなんだかすごく愚かなことに思えて

そもそも夫に悪気はないのだし
夫にだってワタシに対して我慢してることはきっと山ほどあるのよね。

お互いさまだわ。


まっいっか♪

となる。

決して無理をしてるのではなく
そう考える方が、ワタシにとって楽で、自然なことなのである。

相手が夫じゃなくてダレでも、どうやらワタシは
そういう思考回路らしい。


物事は都合よくとらえたほうが
ラクチン♪だと思う人間なのだ。


お互い踏み込まれたくない部分には踏み込まないし
プライドを傷つけるようなコトも口にしない。

この前、店長と飲んでいたとき
ふざけて
「もしダンナさんが浮気したらどうする?」ってな
質問をされたとき

「う~ん・・・それは夫のプライベートなコトですしねぇ」
と、答えたら

店長がひっくりがえって爆笑していた。


さすがにその答えは極端すぎたかしら?
と、思ったけど
ワタシたち夫婦は
まあ、そんな感じ?なのだ。


本音と本音をぶつけ合っていないような気もするし
裸の付き合いでもない気がするし

仮面夫婦のような気もする(笑)


それでも仲良く20年♪
そして、20年も慣れ親しんでいても

時々、ワタシが自分の両親の込み入った話を伝えようと
ちょっと改まって、夫に
「あのさ、母親がね・・・」と切り出すと

「はいっ」
と、
なんだか今、初めて会った人みたいに
緊張しながら真剣な表情で返事をしてくれる

そんな夫がワタシは好きである。

良いひとだなって思う。

そして、
夫に自分を選んでもらってよかったなって思う。



もし、夫が出した答えなら

「さようなら」を切り出されても
きっと彼なりに考えて決めたのだろう。

ワタシが選んだひとが決めた答えなのだろう。

最後には、そう思いたいと思うのだ。


きれいごと。だけど。


幸せの方角には

それくらいの覚悟が必要なのかもしれない。



0215

DSC02082_convert_20110214151924.jpg
鈴つきの首輪がとってもお似合いで
凛々しい横顔のトラ猫さん☆
DSC02084_convert_20110214151057.jpg
でも、お耳の角度がちょっぴりキンチョウ気味?(笑)
お鼻とお口の周りがぷっくり可愛くてたまら~ん^◇^
お水飲んだら下あごに水滴つけちゃうんだよ、絶対カワイイんだよ、
うは~!!



今日はバイトでしたが、帰宅後
お店で使う、レッスン案内のチラシ作成にもくもくと取り組んでおりました。

レッスンとは・・・

ニットレッスン
パッチワークレッスン
刺繍レッスン
カルトナージュレッスン(厚紙に布を張って箱などを作るフランス伝統工芸)

など、それぞれの専門の講師の先生に依頼して行う
有料の手芸教室です。
場所は店内で行うので、レッスンの日はお店全体が
とっても賑わって楽しい雰囲気になるのだ♪♪

で、
レッスン案内のチラシとは
そのレッスンの生徒さんを募集するチラシです。


このパソコン時代に、ナゼかオール手書きのチラシ(笑)

図工とか学級文集とか(懐っ)やたら大好きだったワタシ。
もやは自発的にやっております(笑)

とはいえ、専門的に勉強したワケじゃないので
仕上がりは、やっぱり学級文集レベル^^;

しかし、さすが手作りが好きな人たちが集まる手芸店らしく
時代に逆行した手作り感バリバリのチラシは
お客さまに、わりと好評で
店長からも

「やれやれ~やってくれ~♪」

てな感じで、楽しんでやらせて頂いています。

チラシだけじゃなく、お店の情報通信みたいなモノも
勝手に書いて、店長に見せたら・・・


店長、超、配って下さってる(笑)

しかも

「そよちゃんが、ウチの新聞部に入ってくれてホント良かったよ~」

てっ・・・
   店長・・・?!

新聞部なんか無いし~T◇T


素敵なひとです☆


学級文集係になるぐらいしか役に立たなかったコトが
こんなカタチで、ダレかに喜ばれて

よかったニャー^◇^



0214

DSC00239_convert_20110214133023.jpg
お年寄りとワンコのお散歩風景は
のどかでやさしいのに
何事にも動じない強さも秘めていて好き。





少し間があきましたが
バイトしたり、仙台に遊びに行ったりしておりました^◇^

仙台に行くと、やっぱり
恋しくなるな~

生まれ育った故郷に帰りたいと思ったことは
1度もないのに
仙台には帰りたい。

高校を卒業して親元を離れ
15年間過ごした仙台。

家庭環境でいろいろあって
中学生ぐらいで
あっというまに精神的にに自立してしまったワタシ。

思春期の頃は
とにかく早く親元から離れて
自分の人生を自力で作りたいと思っていました。

そんな念願がかなって
始まった仙台での暮らし。

右も左もわからない初めての土地でも
心細さや不安なんか、全く感じず
ただただ、これから始まる新しい人生への
期待と希望に満ち溢れていた
18歳・・・

だったな~(笑)


大変だった事も山ほどあったけど
それ以上に楽しかった事のほうが多かった気がする。

あのバイト代で、どうやって生活出来ていたのか
もやはナゾ^^;


人はそれを青春と呼ぶ(笑)

嗚呼、青春の都☆仙台 T◇T



ワタシにとって仙台という町は

生活と友達と人生と

自分の幸せの全てを
ゼロから積み上げた町だったんだな~。






盛岡に来てからも
同じように積み上げているけれど


やっぱり
戻りたいと思ってしまうのだ。






0208

DSC02798_convert_20110207220915.jpg
今日はバイト先で
朝から揉め事。



この人の言い分もわかる。

こっちの人の言い分もわかる。

ワタシの言い分は、こうなんです。


あーだ こーだ
あーだ こーだ


みんなの気持ちがそれぞれに
あふれだす。



まったくもーーーーー^^;


気持ちがうまくかみ合わなかったり
ちょっとした言葉が足りなくて
行き違ってたり

さらにソコに、

価値観の違いとか
こだわる場所の違いとか
性格の違いとか

いろんな違いが

からみあってまざりあって

人と人はもめるのだ(笑)



でも、仕事上の揉め事のときは
いつも思う。



歩み方は違っても

向かう先は、みんな同じ。

『より良くしたいね』


なんだ、
みんな、マジメかよ☆



自分の間違いは、すみやかに直して
相手を攻撃しなければ

いいね^◇^


平和主義か(笑)



それにしても

「今日は疲れましたね」
「ほんとだよお」


最後はクタクタで笑い出したくなった

なんのこっちゃな一日でした(笑)




0207

DSC02604_convert_20110207225058.jpg

昔からワタシは
いつも目の前の事に精一杯で
そのときそのときの人間関係は大事にしても
環境が変わって会えなくなったら
それっきり。

前ばかり見て、
後ろなんか振り向かなくて

前に進むために
身軽で進むために

簡単に過去を捨てていた。


でも、30代を目前に
立ち止まった時期があり
そのときにふと

それは違う。

って思った(笑)

今までずいぶん
出会いを粗末にしてきたなぁ
と、
なんだか妙にあっさり反省したくなった。


そんな矢先

以前お世話になった方が急逝してしまう。
という悲しい体験をし

あいたいひとには
いつまでも会えるわけじゃないんだ。

そんな当たり前なことにも
気づいた。






今まで出会った人の中で
あいたいと思う人は
きっと大切なひと。


忙しくても、時間が無くても
たとえ無理をしても

あいたいひとには

会いにいきたい。


いまのわたしは
そう思う。




0204

DSC02905_convert_20110203211450.jpg
額縁に飾られた風景画のような
窓の外の雪景色。


節分でしたね。
暦の上では『立春』とな。

昨夜は、夫と豆まきもしたし
恵方巻?(いつから節分アイテム?)も
南西だか南南西だかの方角をみて
とりあえずひとくちだけ無言で、もぐもぐ^◇^

平和だ~♪


で、昨日は
久しぶりのバイトでしたが
集客も少なく、静かな店内。

雑務がはかどる~(笑)


品切れ商品を、多めに在庫を持っている他店から
譲ってもらおうと思い
あるお店に電話したら

「ただいま、店内込み合っていますので、
少し後にして頂いても良いでしょうか?」


わ~ん、言ってみたいT▽T


気をとりなおして
自分の担当のパーツ類の陳列を整理することに。
とにかく細かい商品なので
油断するとすぐ乱雑になる。

整理しながら、少なくなってる商品を補充したり
補充しながら在庫をチェック。
売れ筋、死に筋商品もチェック。

今まで全然動かなかった死に筋商品が
久しぶりに触ってあげた直後

いきなり売れたりすることが
今まで何度となく
本当にあるのでフシギです☆



『日の当たらない場所にいるコに
光を当てる。』



実は、ワタシはその作業が大好きで

誰も見向きもしないような商品を
こそっと、イチバン目立つ場所に
並べてみたりして

それを手に取ったお客さんの背中を
見守りながら日々にやにや(笑)

で、万が一、売れた日には
会計しながら
「キミが旅立てて本当によかった」
などと、こっそり思う。

それがたとえ
ボタン1コでも
ワッペン一枚でも
30センチのはぎれレースでも

うれしい^◇^

むしろその商品が
ちっぽけであればあるほど

うれしいかも。


経営者には向かない^^;



でも去年、そんな感じで担当している
アクセサリーパーツ部門の数字が伸びて

ドコのお店でも伸びてない部門なのに
どうして盛岡店だけ伸びているのか?

と、会議のときに本社の担当者に聞かれた
店長が

「ウチの担当者が
光の当たらないコに光を当てているからです。」

と答えたのだそうな。


面白すぎるゾ、店長(笑)



で、そんな昨日

店内で、きょろきょろしているお客さんに
笑いかけたら

「持ってるビーズのセカンドバックが、洋服に引っかかって
困ってるから、どうにかならないかしら?」

と相談された。

詳しく聞くと、
セカンドバックの口を留めるベルトの部分のビーズが引っかかるらしい。

なるほどなるほど
ビーズのバックに多いトラブルですな~
と、思ったものの
それがどんな形状のバックなのか
実際そのモノを見せてもらったわけじゃないので

ちょっと考えてたら

お客さんの方から
「そこの部分に、マニキュアとか塗ればいいのかしらね?」
と、言うので

一瞬、それは名案◎と、思いつつも

「透明のマニキュアとかなら良いですねっ
でも、よほど平らに塗らないと、また引っかかってしまうかも。
塗る部分も多かったら大変ですしねっ」

「そうよね~」

そのあたりから、お客さんの表情が
なんだか妙に明るくなり

「では、ベルトの部分をオーガンジーの布でくるんで縫い付けてみては
どうでしょうか?」


さっき、整理して、半年以上も動く気配のない
オーガンジーのカットクロスを

思い出す店員(笑)


さっそく見せたら
なんだかノリノリになったお客さん。

「でも、この商品ベージュ色しかないんですけど、バックは何色で・・・」

「ベージュだからちょうどいいわ♪」

き、奇遇だ(笑)

本当にそれがイチバン良い方法なのか
ちっとも自信がなかったけれど
その商品は500円だし

たとえうまくいかなくても、許してもらえる範囲内かしら?
などと考えつつ

販売(笑)


帰り際、
やっぱり妙にノリノリになっているお客さんが

「あー、今日は楽しい日になったわ、ありがとう」

え?

「もし、これでダメなら、もうバックは捨てる捨てる、捨てるわ~♪」

ええー?

「も、もったいないですよ~」

「いいの、いいの、ほんと、面白かったわ、ありがと~♪」

と、最後まで笑顔で振り返ってくれた
お客様・・・


特に何も特別なことをしたワケじゃないし
むしろ、ワタシの発想はいつもズレてて、周りに却下されること多いし^^;

いったい、何がそんなに彼女の心を捉えたのか
さっぱり不明ですが


あのコ、売れたよ(笑)


いやあ~
コサージュとかアクセサリーをつくる材料として
昨夏、発売された
105センチ×25センチのオーガンジーカットクロス

その用途では、まったく売れなかった残念なコ。

誰かの役に立ててヨカッタヨカッタ◎

実際役に立つかどうかは不明ですが
とりあえず
あのお客さんがほんのひとときでも
あんなに楽しそうな笑顔になってくれただけでも

キミは生まれてきて良かったじゃないか☆(笑)









平和だなぁ^◇^

0202.5

DSC00140_convert_20110202162711.jpg
今クール観てるドラマは
月9のほかに
『美しい隣人』と『冬のサクラ』

あと、ときどき大河。
向井待ち(笑)

なにげに、どのドラマも夫婦の愛がテーマなのは
奇遇です^^;

で、日曜9時の『冬のサクラ』

つよぽんのキャラ立ちドラマですが
久しぶりにみる今井美樹さんはやっぱり美しく
今井さんの夫役の、ホテルマン・・・いや今回は
病院長役(笑)の高嶋弟は
冬彦さんばりにコワイ(古ッ)

って、愛人が奥さんの親友って・・・
ひどすぎだ~T◇T

浮気してもイイから
コッチとは無関係な世界でヤッてくれよ~(笑)


はっ

興奮^^;


で、ドラマの重要なモチーフになっている
『冬の桜』
つよぽんが住んでいる地方の設定は山形なのですが

画面に映る広い雪野原に寂しくそびえる
1本の桜の樹は・・・

「これ盛岡の一本桜じゃねえの?」

夫が先に気づいて、そんな話をしていたら
どうやら、盛岡の地方ラジオで言っていたらしく

じゃーん!!

まちがいなく盛岡の1本桜でした♪


数年前のNHKの朝ドラ『どんと晴れ』で一躍有名なった
この桜ちゃん。

盛岡駅から車で30~40分くらいの
小岩井牧場近くに生えとります。
バックにみえる岩手山とあいまって
なかなかのロケーション。

春には観光客が結構押し寄せて
ちょっとしたお祭り状態になるのさ。

たしか、ワタシも撮ったハズ・・・と
マイピクチャをのぞいてみたら

やっぱり撮ってた^◇^v


それにしても、いつの間に
つよぽん来たんだろ?

来るなら教えてよ~T◇T(笑)



で、話をドラマに戻すと

旅行先の山形でひったくりに遭い
一時的に記憶喪失になったことをきっかけに

出逢ってしまった、つよぽんと今井さん。

現実の生活が不幸のどん底だった今井さんが
純粋なつよぽんの愛に
ココロが揺れまくるのは当たり前。

「あんな夫、さっさと別れちゃえばいいじゃん」
娘役の大きくなったちびまる子ちゃんも連れて
預金通帳がっぽり持ち出して
逃げちゃえ逃げちゃえ!

と、
ワタシはすぐに解決したくなるけど
それじゃ物語は終わっちゃう(笑)

しかも、今井さん、脳腫瘍って・・・T□T



悲しすぎる、ストーリー展開に
一服の清涼剤のような

つよぽんの弟
佐藤健くんとその彼女の加藤ローサちゃん。

なんて可愛いカップル。

や~ん
ローサだいすき//◇//


ソッチ?(笑)


ローサは、もう、えこ♪えこ♪えこひいき♪
無条件に大好き。

あのおでこ、あのおめめ、あのほっぺ
にゃんこみたい。

どんなに演技が微妙だった
キャバ嬢もプロゴルファーの役も
ニタニタしながら見てた(笑)

ちょっとドンくさい感じが
またたまらん。


って、タケルちゃんも◎

端整で上品な顔立ちをした俳優さんです。

ちょっと生意気で、背伸びもして
でもほんとはやさしくて
憎まれ口をたたきながら愛される
そんな弟キャラが抜群☆

成宮さまを彷彿とさせまする。

BECKのコユキもよかった◎


タケルちゃんが、お母さんの編んだ、形見の青いマフラーを
ちゃんと巻いているのに気づいたとき

なんてエエ子なんだ・・・

仮想と現実がわからなくなりました(笑)


もはや、この二人を愛でるのが
愉しみかも・・・冬のサクラ(笑)




でも、どんなに障害があっても
つよぽんと今井さんの、ふたりがお互いを求める
強くて切ないキモチに
きゅん
とするのは
ラブストーリーならではの醍醐味です。


今井さんの病気が治って
ふたりが結ばれるといいなぁ。



千葉から戻ってきて
なにげに今月のシフト表をみたら

今日まで休みでした^^;

夫に告げたら
「なんてお前は、のんびりしてるんだ」
と、呆れ顔^^;

なので怒涛の更新。


明日からは、またバイトがんばりま~す♪


0202

DSC03284.jpg
雪かきの道具です。
スコップと・・・



DSC03292.jpg
つるはし。

『つるはし』などとというモノを
振り下ろす生活を営むことになろうとは・・・

人生は、思いがけないことばかり(笑)


日中でも気温がマイナスのままの世界では

雪は、もはや、雪ではなく

氷。になる。

がっちがち。


盛岡で迎えた最初の冬。
夜中、居酒屋の帰りに、ほろ酔い気分で

道端の雪のカタマリをけっとばしたら


かさかさかさかさかさ~


その雪塊は、
まったく予想外の音をたてて、すべり飛んでいった。



ナニ?
雪じゃねえの?


やたら乾いた音とドライな質感
ガラスのような・・・ちょっと違うような・・・

氷砂糖のアノ感じです。
あ^□^フリーズドライ。




この前、天気予報を見ていたら
盛岡に『乾燥注意報』が発令されていました。

え?
乾燥?


からっ風の雪無し太平洋側ならわかりますが
一面、雪に覆われてるのに
空気中の水分が不足してると??


溶けねぇのかよT▽T


という感じなので
ここ盛岡での雪かきには
つるはしが必要さ。

今日は朝からお天気がよく
気温もたぶん、2℃か3℃くらいになってる感じだったので

駐車場でやってみました♪
振り下ろしてみました♪


さきっぽが、ちょう鋭く尖ってて
持っただけで足に刺さりそう。


わお^◇^

小、中学校と剣道部だったワタクシ。

棒を振り下ろす行為自体
デジャブ(笑)

長い棒の握り方と
振りかぶって振り下ろす
一連の動きを

筋肉が覚えてるの^^;


それでも最初はこわごわと
遠慮がちに小さく、かつかつやっていたのですが

だんだん慣れてきて、
しかも、氷が砕ける瞬間って快感//▽//

そして、気づく

大きく振りかぶれば振りかぶるほど
振り下ろすときの

威力は最大∞




うおりゃーーーーーー!!!

キチガイに刃物★

DSC03293.jpg

そのうち氷の状態によって
尖った刃と平らな刃の、使い分けもできるようになった。

DSC03291.jpg


しかし
砕いた氷の塊は
重すぎて、スコップで運べず

いっこいっこ
手で運んで雪山に投げるという地味な作業。

やってる途中で、またデジャブ。

アリか?

巣から、砂粒をいっこいっこ運んでいる
アリのような気持ちになりました(笑)

そうやって
砕いた氷の塊を片付けたら

また
うおりゃーーーーと、砕いて
再び、アリ活動。
そして、また砕く・・・。

気づけばクタクタ(笑)



炭鉱夫って、アスリートみたいな身体だったにちがいない。

ぜったい//▽//


しかし・・・

明日はまちがいなく
筋肉痛T◇T(笑)



0201

ただ出会って
DSC03081_convert_20110201002822.jpg
ただ立ち止まっただけ。
ただ寝そべってるだけ。
              DSC03082_convert_20110130160732.jpg
ただ通り過ぎただけ。
ただ座ってるだけ。
DSC03083_convert_20110130171426.jpg
ただ猫なだけ。



先週、千葉滞在中。

妹と出かけた帰り道に
猫さんに遭遇。


猫好き姉妹は、もちろんお声がけ^◇^^◇^

「夜の見回りですか?」

やたら元気に走り回っていた猫さんが
こちらに気づいて
近寄ってきました。

め、めずらしくフレンドリーな猫さん。

なでなでしてもへっちゃらで
自らおなかをみせてゴロゴロ転がったり

愛嬌たっぷり☆

なんてきゃわいい~

と・・・
大喜びで
じゃれじゃれしていたら

おもむろに猫さんが
しゃがんでいたワタシの背後に近寄ってきたと
思ったら・・・


すちゃ
っと

ジャンピン↑


お~~~~~~い

背中に乗ってますけど~


隣では大爆笑中の妹。

そして、再び

また
すちゃっ
と降りた。

え?

ええ~?


あまりにも一瞬の出来事でしたが
あまりにもあまりにもなので

妹におそるおそる聞く姉。

「ねえねえ、おねえの背中に張り紙とかされてないよね?
『バカ』とかイタズラされてないよね?」

その質問自体が
バカですが(笑)


「あ、猫以下って書いてある」


え~取ってぇ~T◇T


バカ姉妹(笑)



アレは猫にとって
いったいどんな意味のある行動だったのか

しばらく姉妹で色々考えてみましたが

猫のキモチが
わかるワケないし

そんな謎の行動をする
やっぱり猫が好き(笑)


画像は、近所でたまたま
猫だらけ♪

0201

DSC00583_convert_20110131235041.jpg
この写真は3年くらい前、中尊寺で撮ったのですが
鳥が木の洞に出入りしていて、しかも虫をくわえていて
うおっ

特ダネ気分でした(笑)


さて♪
ナゼか毎回書いちゃう
月9の感想^◇^

ラブストーリーだもんね。
注入注入♪

今回は、三浦春馬くんと戸田恵梨香ちゃん。
と、資生堂CMでも美しい中越典子さん似の武井咲ちゃん。

えーと
大切なことはすべて・・すべて・・・
ん?
すべて君が教えてくれた?

長いタイトルです^^;

タイトルもさながら
教師と生徒の禁断の恋らしき内容は

少女マンガっぽいけど、オリジナル??

まいっか♪

でも観る前から
ちょっと重たそうな内容が
あまり気乗りせず

初回に登場した
わが子の性教育まで先生任せな
モンスターペアレンツに
ゲンナリしちゃって

先週の2話目はスルーしちゃった。

実際の高校って、ああいう感じなのだろうか?
現状の事は全然わからないけど。


でも戸田ちゃんのキリリとした
きかんぼだけど凛とした感じは好きだし
武井咲ちゃんは美人だし
内田有紀ちゃんのナースはミステリアスだし
春馬くんのおでこの狭さはキュートだし(笑)

ナンダカンダ気になって
結局、みちゃった今週3話。


ナゼ、春馬くんはアノ女生徒と一夜をともにしたのか?
ソコの記憶はあるのかないのか?

まるでなにか弱みでも握られてるのかと思うほど
女生徒に無抵抗な春馬先生。

イライラ~

負けるな戸田ちゃ~ん!!

と、ちょっとアツくなり、気分はもはや同居人AKB(笑)
でも後半、春馬センセの、きっぱりとした男らしさに

思わず、じんわりT-T
戸田ちゃんと一緒にそのまま号泣T◇T


やっぱ、男はこうだよ!
言うときは言わなきゃ!

欲しい女は、手離しちゃイカン(笑)


それにしても

武井ちゃんの唯一の友達っぽい
つぶらな瞳のショートカットで
妙なテンションのあのコ。

個性的で愛くるしくて
好み(笑)

セブンティ-ンのモデルじゃなかっただろうか?
唾つけた唾つけたあのコ(笑)

と、エンドロールを確認したら
やはりそうでした。

剛力彩芽ちゃん?
彼女クルね(笑)


武井咲ちゃんは、見た目だけじゃなくて
声もカワイイですね。

あんな声で何かを求められたら
教師だろうがナンだろうが
無理ー

な気がします。

教師と生徒が恋におちても
いーじゃん

そもそも教師だからなんなのさ
学問を教える専門家であって
普通のサラリーマンじゃん


周りに迷惑がかからないように
静かに交際すればいいじゃん

職場恋愛と変わらん。



あれ?

ヤサグレ気味^^;(笑)


コホン。


ドラマでは、春馬センセには婚約者がいる設定なので
それ以前にイケナイことでしたわ。


そして、終盤。
せっかく、フィアンセと愛を確かめあって
雨降って地固まる
だったのに

春馬センセったら
行っちゃうんだ~
そっち~T◇T

それは、『教師としての自分』
の行動なの?

そりゃ大事さ
職業もね。

だけど
だけどさ
大切なひとをソコで離しちゃ
やっぱりイカン。

どれだけ理解しあってても
どれだけ信頼しあってても
あなたにとって彼女が
どれだけ揺るぎない存在でも
他人なんだよ。


しっかりつかまえておかなきゃ
どっかいっちゃうんだから。

特にオンナはねぇ(笑)


はっ


まんまとハマってるじゃないか
今回の月9にも^^;


NHKを筆頭に今TV局はアラフォー世代がターゲットらしいけど
た、たしかに(笑)


ブログ内検索
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。