スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0426

DSC04491_convert_20120426202324.jpg
「おれ、寒暖の差がしんどい・・」

そんな感じの近所のわんこ^^


そして、今夜も書いちゃう☆
GO AYANO(笑)


昨日のクレオパトラをみたら

どーやら、峯太は裕くんがゲイだって
承知の上で同棲・・・いえ、同居しているらしい
と、判明。

しってたんかーい^^;


それに、もしかしたら
裕くんは同性愛者ってだけで
中身は男のまんまなのかも。

でも、朝から峯太に通勤用の洋服をコーディネイトしてあげて
うれしそうに連れ立って玄関を出て

「じゃあね峯太、気をつけてね」
と、名前付きで声をかけたあと

そっと振り返って見守る様子は
やっぱり、可愛いカノジョなのである(笑)


そのうえ、四六時中、峯太に依存してるワケでもないし
グチる峯太を時にきっぱり突き放したり、
時にあたたかく包み込んだり

かなりイイ女なのである。



来週の峯太は、裕にかなり厳しく活を入れられるみたいで
ワクワク♪

母親の愛情に飢えた子供時代を過ごした峯太にとって
裕の存在は、もはや
母親のようなモノ・・・マリア様
なのかもねぇ。

二人とも幸せになれればいいなぁ。。


美容整形がテーマのこのドラマ、視聴率は苦戦しているみたいだけど
『自分に欠落した部分を得たい』というのが、
美容整形肯定派のクリニックの女たちにも
反対派の主人公峯太にも
共通した『ねがい』なのでしょう。

美容整形自体には、あまり興味がそそられないワタシも
ソコの部分は、展開が気になるわ、と思いながら
綾野シーン以外もマジメに視聴しています(笑)



さて、本題は
おしゃれイズム(笑)

NHKスタパに続き、トーク番組二回目の綾野さん♪

前回が前回だっただけに、
まさか
こうくるとは

思いませんでしたー


て、天然?
不思議ちゃん?
個性的?
独特?

いや・・・

変わった人・・・変人(笑)


思考回路が独特です。




スタパとイズム
どっちが素の綾野さんに近いの?

おそらくイズム(笑)


こういったらナンですが

今まで彼が演じていた、ありとあらゆるキャラクターが
マトモに感じてしまった。

幼児虐待男やら全身タトゥー息子やら
狂戦士やらガンツ星人やら
不倫男の紳士服職人やら

そんな強烈なキャラクターより

演じていない綾野剛さん本人
の方が

強烈(笑)



穏やかな声で、独特なコトバとリズムで話す感じは
スタパの時と同じでしたが

スタパが『綾野剛の自己紹介の時間』だったとすると
イズムは、『剛くんの楽しいおしゃべりの時間♪』って感じでした。


基本、おしゃべりが好きなのかしら?

人なつっこいというか、気さくというか
ひょうきんというか、愛嬌があるというか

なにより
自分で言って自分で笑っちゃってるところが
憎めない(笑)


唐突だらけの綾野トークなのですが

それに翻弄されている

藤木さんのリアクションが
個人的にツボでした。


たいていの綾野氏ビックリ発言に対しては
時に唖然と時に呆然と
時にあたたかく見守るように

隣でそんな視線を送り続けていた藤木さんでしたが

涙もろい、という話題で
箱根駅伝の熱烈なファンだという綾野氏が


「スタートでぶわーっと(号泣のしぐさ)」

と言った瞬間


「スタートー?!ゴールじゃなくて?
それは昔から?」


真剣な表情でたたみかけるように質問をしていた藤木さんが
あまりにも面白くて

ソコばっか、リピート(笑)


「7、8年前くらいからですかね」
と、フツーに答えていた綾野氏もおもしろすぎる。

上田さんは上田さんで
「選手の親御さんでもスタートでは、泣いてないと思う」とツッこんでいた(笑)



そのほか
コンビニで、おでんのシラタキを買えた日は
高揚しながら階段を登る
(スタジオで実践つき)

とか

中学時代、気になっていた部活の後輩の歩いている後姿をみていたら
急に追いかけたくなって、追いかけているうちに好きになって告白。
速攻フラれて、それ以来、「アノ先輩ヤバイ」みたいな扱いになり
当時ブルマーだった後輩には「明らかに何かを隠されていた」

とか

コハダ漁のロケに行き(コハダが大好物な綾野さん)
結局その日は不漁だったようですが、あきらめきれない様子で
最後の最後までひとりで網をもって海をウロウロしていたり


動きもオカシイ(笑)


そんな綾野さんに
「めっちゃ切ないカオしてる~」と声をかける藤木さんが
なんか好き(笑)




発言も行動もマイペースなんだけど
気取りもイヤミもないし


色んな事を、とにかく楽しそうに話す笑顔の大きいひとで
どんなに激しく突っ込まれても
ますます楽しそうに笑っているのが、とても印象的でした。

ゼッタイ、お酒の席に、ひっぱりだこ☆になるタイプですよね。


でも、ふっと会話が途切れた瞬間にみせる表情は
やっぱりアンニュイだったりして
なんかズルイ(笑)




スタパの様子を見る限り
必要な時は、場の空気を見て、周りへの気遣いもちゃんとできる
素敵な社会人だったので

大丈夫←ナニが(笑)



天然でズレてるような(ごめん)綾野さんでしたが


役作りは繊細かつ的確で
どんなクセのある特殊なキャラクターでも
自分のモノにしてしまい
役によって違う顔をみせられるのは

努力と才能。なのでしょうか?


恐るべし、綾野剛☆


今のまま、邁進してほしー!!!
スポンサーサイト

0425

今日のお休みは、春うららなぽかぽか陽気^◇^
買い物がてらカメラを持って、サクラの様子伺いをしてきました♪

日当たりの良い場所は、満開に近い樹もありましたが
まだほとんどの場所ではつぼみ!

DSC04482_convert_20120425173634.jpg
でもこのぶんなら今週末にはお花見できそ♪


さて、昨夜☆
何の気なしに『さんま御殿』を流し見していたら
ゲストに女医さんが出ていてトークが健康の話題になっていた。
で、

ショートスリーパー
という単語が耳に。

ん?と思ってちゃんと見てみると
『ショートスリーパー』とは、そのコトバ通り
睡眠が短時間でも平気な人。らしい。

さんまさんがそうみたいで。
さらに彼は今までの人生で
昼寝をしたこともないんだそうだ。

それを聞いたゲストのお笑いのダレかが

「ってか、さんまさんって寝るんですか?」
と、ツッこんでいて、思わず爆笑(笑)

ショートスリーパーかあ・・・

そんな言葉があるなんて知らなかったです。
ちょっとカッコいいじゃん。


だったら・・・ワタシ・・・

ショートスリーパーだわ^◇^


念のため、寝る前に、ウィキってみました。
ショートスリーパーとは(笑)

間違いナーイ♪


しかも、ショートスリーパーの割合って全体の5~8%
って・・・特異体質?!^^;



ワタシの最低必要睡眠時間は
んー
3時間ぐらい。

それだけ眠れればとりあえず翌日の生活に支障はなく
5時間眠れば充分◎

日中、睡眠不足を感じるのは
前夜、一睡もしなかったとき←あたりまえ。

でも、必要とあらば3日間ぐらいは眠らなくても
なんとかなっちゃう♪


さらに眠りの深さがハンパない。
一度寝たら、まず起きない。
途中で目が覚めるなんぞ、高熱でも出してない限り皆無である。


そして、眠る必要があるなら
どんな場所でも、どんな状況でも眠れちゃう。
立ったままでも(笑)

夫にはワタシのこの様子を
『スイッチを切る』と呼ばれ、特技と認定されています^^;

妹は部屋を真っ暗にしないと眠れない、らしいのですが
ワタシは、部屋がどんだけ明るくてもTVがついてても
ヘタしたら顔にスポットライト浴びせられていても

眠けりゃ眠れる(笑)


数年前、とある別ブログ(笑)をやっていたのですが
書くのが楽しくて楽しくて、かなりハマってしまい、
一つの記事を毎日3~4時間かけて更新していました。

深夜11時とか0時ぐらい、夫が眠ってから書き始めるのですが
延々3時ぐらいまで書いて、それからシャワーを浴びて寝て
当時は10時半からのバイトをしていたので
8時前には起きてたかしら?

そんな生活を1年くらいずっと続けていましたが
特に体調を崩すこともなく、平気でした。

『3時就寝→8時起床』なら5時間眠れてるので
そりゃ平気(笑)


そしてそして

さんまさんと同様
ワタシも昼寝はしないのだ。
しない・・というより昼間は眠れない。

幼稚園の頃
毎日午後に必ず『お昼寝の時間』があったのですが
ぜんぜん眠れないから苦痛で苦痛で
先生が様子を見にくるたび、ナゼか寝たフリをしてました(笑)


あとは・・・
夢はよくみます。
しかもふざけた夢が、多い。
あるときは、SMAPのメンバーとして全国ツアーを回っていたり
山Pに「ぶっちゃけ、NEWSの中で嫌いなメンバーっている?」って聞かれたり
ちょっと前は、向井理くんの事務所で働いていて
彼にタスポを貸してあげた^◇^
綾野さん登場も時間の問題(笑)


さらに寝言も結構言う・・らしい。
寝たまま、普通に「あはははは・・・」と笑うので
最初は起きてるのかと思っていちいち確認していた←夫が(笑)

子供のときはピアノも弾いたそうだ。
もはや夢遊病。


と、ワタシの睡眠事情はこんな感じで

ウィキに載ってたショートスリーパーの特徴に
だいたい当てはまったのでした。
夢と寝言に関しては載ってなかったけど^^;


ちなみにショートスリーパーの逆の性質は
ロングスリーパーというそうだ。
こちらもコトバのまんま♪
割合も10%弱なので、ショートとロングは同じくらい
存在するんですね。


そして興味深かったのが
ショートとロングはそれぞれ性格にも特徴があるそうな。

そのまえに・・・
ショートの人が短時間睡眠で大丈夫な理由というのが
脳が疲れないからって書いてあって
ちょっと・・いやけっこう
ショックT◇T(笑)

性格の特徴もその、脳の働かせ方に関係してるらしいのだ。

■ショートスリーパーの性格■

外交的で勤勉なため社会に適応しやすく、自信を持って精力的・野心的に活動するため多忙。
また、不平不満はあまり持たず、自分自身や現在の状況におおむね満足している。


■ロングスリーパーの性格■

内向的で孤独を愛し、創造的でしかも細かい点にまで注意を払う。
また社会や政治に批判的な眼を向けるので、現状に満足せず気苦労がたえない。


げー

当たってるって言いたくない(笑)


それに、ショートの歴史上の有名人に
エジソンとかナポレオンってあったけど

そりゃ、睡眠時間が少なくてイイぶん、
色々な事を学んだり活動したりする時間が人より多いのは確かだし
エジソンは天才だったんだろうけど

凡人のワタシ・・・能力がなければいくら時間がいっぱいあっても
無意味なようなT◇T


ロングのみなさんは、繊細だな~


いーなー(笑)



今までずっとこんな自分を父親譲りの体質だと
思っていたのですが

ちなみに妹は母親譲りでどちらかと言えばロングスリーパー。
彼女は学生の頃から帰宅するといつも昼寝をし、口癖は「眠い」なのです。

まあ、ショートだとかスリーパーだとかカタカナの名前がついていたって
結局はやっぱり『体質』ってコトですよね(笑)しかも遺伝。


そんなことを考えながら昨夜も2時過ぎぐらいに就寝したのですが

今朝は
7時にぱちり○

あまりにもすっきり目覚めたので、思わず確認☆


やっぱり5時間(笑)



なにはともあれ

春眠、暁を覚えず
な、季節ですねZZZZZZZ

0424

本日サクラの開花宣言が発表された
ここ盛岡です。

去年より3日遅いとか。
ゴールデンウィークが見頃になるらしいです。

今年は、お弁当を手作りして
お花見に行きたいな♪
毎年、行く途中のスーパーで調達してる悪妻なので^^:



さて
サクラとは関係なしに
続いてます。
綾野まつり^◇^


先週は、綾野さんが
期待度200パーセント☆の役柄で出演する

水10新ドラマ
『クレオパトラな女たち』が始まり

期待通り・・・いや期待以上過ぎる
彼の演技に

うほうほな一週間。

外側、優男
内側、乙女

ナゼだろう。
大好きだ(笑)



この世の中で
いちばんかよわくて乙女な生き物って

オネエな男性

だと常々思っているワタシ。


世の男性の夢をぶっ壊すようで申し訳ありませんが
この世の中に
『気が弱いオンナ』は
存在しませんから(笑)


親友と同じ相手を好きになっちゃって
速やかに身を引く女性などいないだろうし

浮気された上に離婚を切り出されたら
夫の心が離れてしまった悲しみよりなにより
「自分たちだけ(夫と浮気相手の女)幸せになろうなんて、絶対許さない」と
世の中の多くの妻は、まず思うでしょう。


メスという生き物は

図太く、強く、
寿命も長く


メンタル面も身体面も
オスより鈍感で丈夫で。

種の保存のために
そう作られているんです。きっと。


だから

可愛い女性像を自分に投影させている
オネエな男性が

世界でいちばん
かよわい乙女☆

かな、と。

そして、男らしさという鎧を脱いだ男性に
ワタシはナゼだか癒されます(笑)

だから

マッキー大好きだし

いちばん好きな映画は
『メゾンドヒミコ』
なのかしら。


あれ?それとも、わたし
腐・・・

え?(笑)



ま、それについてはこんど考えるとして^◇^


ハナシ戻します^^;


クレオパトラでは
佐藤隆太さん演じる主人公峯太郎に二十年間片想いをしている
幼馴染の裕くん♪綾野さん。

そう、同性愛者の役♪

しかも、父親の借金の肩代わりをするハメになった峯太を
自分のマンションに居候させている裕くん。

そう、ひとつ屋根の下♪

表向きは、立派なエリート公務員で、普通に男性としてお仕事をしている裕くんだけど
一歩おうちに帰ると、峯太にかけるコトバもしぐさも、行動すべてが
甲斐甲斐しい可愛い奥さん。


最初の、ひとつ屋根のシーン。


峯太が帰宅すると

料理をしていた手を止め
ちょっと小首をかしげて
ぴょこっと玄関に近寄り

「おかえりっ、うふふっ」

いつもより早い帰宅の自分を不思議がる峯太に対して

「昼間のメールが気になったから帰ってきちゃった(はーと)」


その時点ですでに
号泣したワタシ←もちろんうれし泣き(笑)


昼間のくだりで
「新しい病院どう?がんばって下さい」というメールを峯太に送り
「最悪だ」という峯太の返信をみて心配そうにしていた裕くん。

大変そうなカレシに元気になってもらうために
早退しておいしいゴハン作って
いつもより可愛く明るく出迎えて・・・


峯太どんだけ愛されてるんだ。

同性だろうが異性だろうが、こんなに自分を想ってくれるダレかが
世界中に一人でもいるって、シアワセなことですよ。


そんでもんって

「おれの生きがいが峯太だからさ」
「おれが支えるよ、中学のときから峯太を支えるためにいるんだから、おれは」
「もっとずっとここにいていいのに」



そんなアヤしいセリフが、
綾野さんのエロ優しい声にハマリすぎです。
一人称も『おれ』だし、コトバ自体は別に普通なんだけど
コトバの意味以上に、綾野さんのセリフ回しとちょっとした表情とかしぐさがエロいのだ。
シナをつくるまではやらないけど、小首をよくかしげる裕くん。
それがとっても可愛いので、できるものなら見習いたい(笑)

しかも男物なんだろうけどガウンのような丈の長い部屋着が
妙に気だるくて『それっぽさ』満点◎

細身で色白な綾野さんは、どんなお洋服でもよくお似合いで、
黒にピンクの細かい模様が入ったカーデを着てるシーンでは

わが夫が
「あら、カワイイの着て~」と
なんだかオカシクなっていた(笑)


別のシーンで着ていた、グレイのパーカーっぽいパジャマも
ごく普通のデザインなのに、やたら気だるい。
裕くんな綾野さんは、もはやナニ着ても気だるい。



そんな気だるい裕にどんだけ乙女なセリフを言われようが
まったく動じず普通の会話を返し続ける峯太はおそらく

裕の気持ちには気づいていない設定。

あれだけ言われて気づかないなんて
ありえないっちゃありえないんですが
佐藤隆太ならありえそうに感じるのが配役の妙(笑)

そして、そういう設定だからこそ
裕は必要以上に態度を偽ることなく
峯太に対して乙女なセリフで接することが出来るし

ある一部の視聴者は大喜び(笑)


二人で仲良くTVゲームをしながら
峯太が一方的に仕事のグチをこぼし
裕がそれを軽く聞き流しながらなだめる。
途中、空になった峯太のビールを冷蔵庫からさりげなく出してあげたりして。
ほんと気が利く奥さんなのだ。

でもコレって

峯太のほうが女っぽいっていうか・・・
次週の予告で裕が「峯太って女々しいよね」と言っていましたが

ほんと、今のところ峯太は女々しい(笑)
自分の気持ちを隠してひたすら峯太を愛し続ける
裕くんの方がワタシにとっては

かなり男前だし魅力的・・・。


なんだろ
女性の細やかさや、母性を併せ持った
男性が好きなんだろうか?

と、自問自答するも

よくわからないので
「ワタシってヘンタイ」
だということにしよう(笑)


で、ドラマの本筋とは
別のところでめくるめく進む
綾野ワールド☆


第一話終盤

美容整形という世界に反発し
二歳の自分を捨てた母親と
6千万円もの借金を息子に背負わせた父親への恨みに苦しみ悩む
峯太をやさしく包むように諭す裕くん。

「もっとラクになれよ。
みんな必死で生きてるんだから。
お父さんも、お母さんもクリニックの人も。
人間愛し愛されないと生きていけないでしょ」



このセリフ・・・


脚本家の個人的趣味を感ぜずにはいられませんが

ありがとう
大石静氏(笑)


ただただ癒されました。


と、こんな感じで

乙女な綾野剛に
ムフフな一週間を過ごし


周防さんな綾野さんから
裕くんな剛くん
に、頭がシフトし始めた頃

日曜日

おしゃれイズムに彼登場ってことで

これまた大喜びで
TVに食いつきました。




わあ。



未知なる綾野剛に遭遇(笑)



つづく♪



0413,5


綾野剛さんについての続きです。


コチラも興味のある方だけお付き合い下さいませ^◇^(笑)

続きを読む

0413

DSC04461_convert_20120413143627.jpg

さて、本日は

欲求のおもむくまま♪

我が本能の覚書。


ただいま夢中な
『アノひと』について
ながながーーーーーーーっと
しつこく、くどく
語っております。


興味がない方には苦痛極まりないことと存じます(笑)
スルーして下さいませ。

続きを読む

0412

今月初めての更新です^^;

日本の半分(以上?)くらいの地域では
もう桜の季節が訪れていますね^◇^

ここ盛岡は、まだまだ(笑)
あと2週間ぐらいは先。

それでも、いつもの景色の中から
いつの間にか雪が消えて
あたたかさを感じるようになりました。

フシギなもので
気候があたたかいと
心まで、ふっと緩んで
やさしい気持ちになれるような

そんな気がするのです。

そして
なにか、新しいコトを始めてみようか
今まで先延ばしにしていたコトに取り掛かってみようか

ま、実行するかしないかは別として(笑)

『雪解け春来たり』は

そんなワクワクを感じさせてくれる
季節の移ろいです♪


さて、バイトのほうは相変わらず
忙しく楽しくやっておりますが

最近ちょっと面白いお話を頂きました。

今年の秋に新しく手芸店を始める為の準備をしている
ある親しい方から
「出来る範囲で構わないから仕事をしてもらえないか?」
とのお誘いを頂いたのです。

お も し ろ そーう^◇^


すぐのっかっちゃう♪

いや、これが
「開店資金を借りる連帯保証人になってほしい」
とかいう依頼なら
さすがにお断りしますけど(笑)

こういう依頼なら大歓迎。

もちろん時給を払うし
お店のチラシやPOPは
外注という形で依頼してくれるんだそうな。

わお☆


って、接客販売の労力はともかく
こんな、ど素人が書く、手書きチラシになんか
値段なんかつけられないし
お金なんかもらえない。

と言ったら

「そよちゃんはサ、
自分のいちばんの武器はその愛想の良さだと
思っているだろうけれど
このチラシを書ける能力のほうが
あなたの笑顔より価値がある」


と、
上げられてるのか、下げられてるのか
まったくわからない
ナゾの説得を受け

とりあえず
了承(笑)


でも、
お金はね・・・


ワタシは実家が自営業だったので
自営の大変さや苦労は
幼い頃から祖父母や両親をみていて
他人事ではなくわかるから・・・

彼女のお店が本格的に軌道に乗るまでは
人を雇うなんて、そんな余裕はないハズなので
彼女が気を遣わないで済むぐらいの心づけを頂ければ
それで充分^◇^

「それで充分」
そう、自分の中で思ったので
お引き受けしました^◇^

最初から自分がそう納得して首を突っ込むなら
何が起きても彼女との関係は壊れないかな、
と。

それに
ワタシには自分のお店を始めるなんて
絶対出来ないので

そんな素敵な「夢のはじまり」に
参加させてもらえるなんて

とてもラッキー☆


そして彼女が
少なからず
ワタシと一緒に仕事をしたい
って思ってくれたことにも
感謝したいです。

ブログ内検索
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。