スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1125

DSC02480_convert_20111125195809.jpg

今年はまだ、まとまった雪が降っていない
ここ盛岡ですが

氷点下の氷の世界は
もうすぐソコ・・
秒読みカウントダウンってとこでしょうか^^;



さて、
昨日バイトに行ったら
ニットフェアの目標予算が

すでに達成されていて

わー

よかったー


思えば
9月の途中、いきなり急にニット担当になり

その後のミーティングで
ニットの予算額を知らされたときは

内心ひそかに

この数字やばくね?(笑)


それからは
日々格闘の二ヶ月とちょっと、でしたが

格闘しているうちに、いろいろなことが
一気にクリアに見えるようになった
充実した時間でもありました。

なにはともあれ
達成できて
ひと安心T◇T

近いうち
スタッフのみなさんと
美味しい忘年会をしたいなぁ。




話は変わりまして♪

なにかと話題の
今クールのドラマ。

なのに
ニットに夢中→レンタルDVDにハマる→TV離れ

そんなにみてない^^;


とはいえ

かなりハマっている作品がひとつあります。

大好き
妖怪人間(笑)


もちろん
アニメは観た世代v^^
しかも、あのオドロオドロしくてシュールな感じ
には
当時から心ひかれまくりでした。

原作に思い入れがあれば
そりゃ
映像化にはもちろん興味シンシンです。

最初見たときは

「指が三本じゃない!指が三本じゃない!」

大騒ぎ(笑)

でも、そんな不満などいっぺんにチャラにしてくれた

杏ちゃんのべラぶり!

スバラシイT◇T

夫などは
エンドロールをみるたび

「杏って書いてベラって読むね」

しまいには
「福って書いたらベロって読むよ」

病気か(笑)


いやはや
ベラを演じている杏ちゃんは
彼女の美しさが何倍にも増しますねぇ。

今までの彼女のお芝居は
ちょっと空回り的な大げさ感がありましたが

あの生真面目な大げさな演技が
ベラだとなんだかしっくりきちゃう。

ネットの中で誰かが

『べム役は渡辺謙がやれば良かったのに』

と言っていて

ひっくり返るくらい

笑った(笑)

親子でハマリすぎです。


最初こそ
亀ちゃんのべムはちょっと違う~
って、思いましたが

今は異議なし!

亀ちゃんの切ない演技さいこー☆

そして

北村一輝さんさいこー☆
人間役なのに、そうじゃないみたい(笑)

北村さんは、時代も世界も性別も
いろんなことを超えて演じられる稀有な俳優さんですよねえ。


妖怪の鼻を、ちょんとつまんで
愛情表現を演じられる俳優さんは
北村一輝さんだけです(ぜったい:笑)




毎回
感情の高まりとともに
人間の姿から、本来の妖怪の姿へ戻ってしまう
三人の変身シーンが

コワくてコワくて

変身後の妖怪の姿が
さらに

気味が悪くて気味が悪くて

大喜び(笑)


同じアニメの映像化でも

『怪物くん』に

ちっとも心惹かれなかったワタシですが


妖怪人間には
夢中なのだ。


さらに

エンドロールに流れる
セピア色の三人のそれぞれの映像が
ものすごく気に入っています。

亀ちゃんは、ふだんあまりない表情だし

杏ちゃんの美しい伏し目にはゾクゾク

福ちゃんは哀愁を色気さえ漂うオトナの男のような表情です。


それらは
演者の才能なのかもしれないけれど

その瞬間を切り取るカメラマンっていうのも

凄いなあ☆


毎週、
最後の最後まで感動T◇T


明日もみるぞー♪

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。