スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0511①

さてさて
結局、今クール唯一欠かさず見ているドラマ^^;

クレオパトラな女たち


こんなに女性のダークな部分をメインに取り上げて突き進むドラマも
めずらしい^^;

対比効果なのか、出てくる男たちがみんな魅力的に見える気さえする。

不器用な主人公峯太郎もまっすぐな男だし(笑)
三浦くん演じるクリニックに出入りする血液検査会社の営業マン富坂さんだって
情報収集に余念なく、クリニックの女性たちを甲斐甲斐しく接待する姿なんて
会社関係の飲み会が苦手なワタシなど尊敬の念さえ覚えます。

あとは
余貴美子さん演じる院長のヒモのような彼氏だって
マッサージとかしてあげちゃって、とっても献身的。
ほんのりおねえっぽいけど(笑)

愛人にカッコいいところを見せたいから
植毛を希望するどっかの病院のエライおじさんも
なんだか可愛げがあります。


そして、もはやヒロイン的存在にしかみえない
裕くんは
神々しいほど心が美しい☆


ま、まあ

綾野さんが出ていなければ
きっと見ることはなかったドラマ

なんですけど^^;

これも何かの縁です☆



4話です。



お風呂あがりのビールを飲みながら
仕事のやりがいについて熱く語るアツイ男峯太。

峯太と話をしながらキッチンに立って
おつまみのキュウリもみを手際よく料理する裕。

やりすぎすぎないか
理想のお嫁さん(笑)

財務省に入れる実力があったのに
都庁に入った理由。を
峯太に聞かれ話す裕くん。


「・・・おれは普通の男と違うし、縛りの強いところでは生きづらいんだ・・・」

なんだこの言い回しは
どきどきするわ。

労は惜しまないけど、仕事にやりがいは求めないという裕くん。
でもその最終的な理由が24時間体制の忙しい仕事をしたら
「峯太と一緒にいられないもん」

もはや、二人のシーンにはお約束のスイートなセリフ。


そのあと、峯太のアツイ語り(仕事にはやりがいが欲しい)に
「スゴイね、峯太は」
きゅうりを出してあげる姿は

あげまん・・いえ、妻のカガミ☆

「早く借金返して、大学戻ろ」

能天気な顔して、「これうまっ」などときゅうりを食べてる峯太の隣で

峯太を励ました後の裕の表情は

これまででいちばん悲しかったT-T


そっと峯太を見つめていた瞳がどんどん沈むように下がっていって・・

綾野さんは、こういうちょっとした表情の変化の演技が
さりげないのに雄弁で上手です。



それをみて

ああそうかって。


裕はいつも峯太にびっくりするくらい甘い告白をしているけど
そのスイートなセリフは
口説いているんじゃなくて
峯太に負担をかけない為の裕のやさしさ。

自分は
峯太と一緒に暮らせて幸せだから
不満をもったり、峯太に何かを望んだりなんかしてないんだよって。

3話で峯太に傷つけられたときは、さすがに
自己主張したけど、それだって
あくまで峯太が自分にした事へちゃんと向き合っただけ。


本当の本当の自分の気持ちはきっと
心の奥に鍵をかけて一生しまっておくつもりなんでしょうね。

峯太を失わないために。



同性愛者の方の本当の気持ちを本当に理解することは
ワタシには出来ないけれど

でも、何かを失いたくないから
心に鍵をかけようとするキモチは少しわかる気がする。

心のままに進めてしまったら、壊れてしまう関係。
あると思う。



相手が同性でも異性でも


その相手を失わないことだけ。
ただそれだけを守りたいなら

その相手の前だけでなら
マリアさまになれる気がする。

イイ女でいられる気がする。


はたしてそれを永遠に続けることができるのか
はたしてそれは幸せなことなのか

わからないけれど。





恐ろしく長くなったので
いったん切ります^^;

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。