スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0517

DSC04525_convert_20120517111630.jpg
昨日から5連休^◇^
今日はお天気だし、早起きして午前中のうちに
掃除、洗濯、お布団干し、その他もろもろを
ばばーっと済ませました。


画像は、ネギ。

去年、薬味用に買った『こねぎ』を
根元をちょっと多めに残して切って使った後
植木鉢に適当に植えてみた

けっか


1年後


普通のネギになった(笑)


なんか想像と違って

ビックリ☆


『こねぎ』って、ネギの仲間じゃなくて
『ネギの子供』ってことなのだろうか?


様子をみてたら
どんどん成長してつぼみをつけ

こんな感じにデカくなりDSC04526_convert_20120517115312.jpg
今はネギ坊主待ち♪

隣の鉢は
最近園芸店でみつけた、サフィニアの新品種で
『ブラックベルベット』というお花。

黒に黄色の模様が
クールで邪悪な感じがして
ココロ惹かれ(笑)購入^◇^v
こんもりたくさん咲いたら
きっと綺麗ね。


って、実は
今朝は早起きというより

3時半に目が覚めて
そっから眠れなくなったのだ。

そう・・
裕のせい(笑)



あいかわらず長文のため
隠します^^;
昨夜は待ちに待ったクレオパトラ5話☆

もはや、夫もすっかり巻き込まれたらしく
9時半に夕食を食べ始めながら
そわそわしているワタシを見て

「10時まで先週の録画、見てようか?」


「みるーーーーーっ^◇^」


うほほ。




いや~


夫婦で大興奮☆でしたぁ。


しかも始まる前に食事しながら白ワインがぶ飲みしてたもんで
(楽しみすぎて^^;)

酔っ払ってるせいか
感情の揺さぶられ方が尋常じゃなかった。

しかも裕のシーンって
毎回ドラマ全体の、正味10分くらいしかないので
登場シーン時のこっちの集中力もハンパない。


今回のイチバンは
やっぱし最後の

タオルごと
抱きしめたいでも抱きしめない。


くぅT◇T


綾野さんの演技はもはや
巧いとかいう問題ではなく
裕そのものにしか見えず

あの方はいったい・・・・

憑依。


しかも、2話ぐらいからじわじわと

今まで興味ゼロ・・・というか
男としてまったく何にも感じない種類の俳優さんだった
佐藤隆太さんがカッコよく見え始め・・・

2話で裕がコーディネイトした服を着た姿をみて
想像以上の着こなしぶりに、はっとしたのが
きっかけ。

昨日の5話にいたっては

なんてイイ奴なんだろうって・・・

頑固で融通が利かなくて
面白みがない男だけど

困った人はほっとけない優しい男。
物事も人もゼッタイ裏切らない男。
悪いと思ったら、きちんと謝る素直な男。

峯太ってイイ男じゃん。

うへえ


コレって

裕目線?

あまりにも裕の気持ちに入りすぎて
峯太に恋しそう・・いやもうしてるのワタシ?

しるかー(笑)


だから昨夜の峯太と裕のシーンには
いつも以上にどきどきしまくりでした。
裕だけじゃなくて峯太の視線や動きまで
なんだか気になるの(笑)

でも、その前に昨夜は
峯パパと裕のシーンがありました。
パパの恋人さなみちゃんも登場。

直接聞いていたワケじゃないけど
パパもうすうす気づいてるって感じなんですね。
で、パパはパパなりに息子の事を心配していて
だから、さなみちゃんも気になっていて。

ふたりとも裕を気遣ってはいるんだけど
結果として裕を傷つけるような質問をしちゃう。

「峯太郎が女性を愛せるようになったら、黒崎くんはどうするの?」

裕はどうするの?

アタシだって聞きたいさ(笑)

・・・ごめんねぇ




「峯太郎は女性を愛せますよ」

峯太の変化と成長を、誰よりも(本人よりも)気づいていて
それを口に出したら、余計に自分が哀しくなるのはわかってるのに。

峯太の帰らなかった一夜は、裕にとってパパに何かを話さなくてはいけないほど
切なくてやりきれない夜だったのでしょう。

決して自分の気持ちは口には出さないしパパの質問にも答えてないけど
困ったような哀しい表情を素直に表に出すだけで

裕の表情からは、どれだけの言葉を尽くされるより
彼の哀しみが伝わりますT◇T

不自然なくらいに、裕のアップのカットが入りましたね。
編集さんも挟み込まずにはいられなかったに違いない(笑)

しかし最後には
「寂しくなったら、またおじさんに話聞いてもらいに来ますから」
自覚があるのかないのか
魔性の女 黒崎裕。



そして

裕が峯太より後に帰宅するって、ちょっと新鮮。
しかも少し酔っている、という設定のためか
玄関でちょっとふらついたりして、声のトーンもいつも以上に
気だるさ満点、色っぽさ満点。

もういやだ(笑)

気だるさ爆発の裕に対して
自転車を軽々運んであげてる峯太が、やたら力強い男って感じで。
この二人、身長ほぼ同じなのに
やっぱり彼氏彼女にみえちゃう。

「んん~ん、大変だったね、おつかれさま」
から、着替えをしながら峯太のグチのお相手をするシーンは


もういやだ(笑)


峯太との会話の中で
また、峯太の成長を感じ
「オトナになったね」
と哀しいのに微笑む裕の心の内はT-T

なのに
自分の言いたいことを言いたい放題言って
裕に炸裂の峯太。

最後は「疲れた!心底疲れた!」
子供か(笑)

それを聞き
峯太を大きく受け止めてあげるときの
いつもの菩薩様のような微笑みをして

峯太の口マネをして場を和ます裕は

愛のカタマリ。



だから。。。

その夜に
切ないカオで
布団をかぶる裕なんか

胸が引き裂かれそうで直視できません(するけど:笑)


離れて過ごす夜も
一緒に過ごす夜も

どっちも苦しくて切ないなんて

ワタシなら、耐え切れず、答えを出してしまうかも。
女だからね。



そして

雨の夜。


窓の外のどしゃぶりを
心配そうにみつめながら
峯太の帰宅を待つ裕。


「ただいまー」

バスタオル抱えて全力で峯太を出迎える裕。

バスタオル
手元に置いて待ってたのかよ~

ケナゲすぎて
もう泣ける。

個人的な想いがあるから
スタートで泣ける(笑)

「大丈夫?お風呂わいてるよ」

両肩に1枚ずつ、足元に1枚
全力で甲斐甲斐しい。



隣でわが夫が
「オレ、こんなことしてもらったことない!」

何回も言うので

「こんなシチュエーション(アタシ達には)なかったじゃん!」

「えー1回くらいはあったよ!」

「えー」

などと言い合っているうちに


裕が峯太の頭にバスタオルをかぶせた。


ゴッ、ゴク。

最初はすんごく楽しそうに拭いてあげてるんです。
白魚のような美しい手でわしゃわしゃ~って

なのに
峯太が
「あ、ちょっと目、回った」って言うから

「大丈夫?」って
もう消え入りそうだよ
裕の声も
裕の理性も。

「大丈夫。うん。もうなおったよ。」って
全身タオル星人の峯太が、これまたなんだか
妙にカワイイ。
タオル被ったまま無邪気な演技させたら
隆太くん、日本一じゃないかしら?


手を止めた裕が
みるみる思いつめた表情になって
峯太の頭を支えてた白魚にも力が入って

目を閉じて

目を閉じて




・・・



思いとどまり

目を開けた。



「アブナイアブナイアブナイアブナイアブナイ・・・・」
夫婦で大絶叫。

放心状態のまま、とりあえず最後まで見て
すぐに巻き戻して

また大絶叫して

座椅子から転げ落ちて
フローリング転げまわって
しゃくとり虫の動きになって

摩擦熱で手、やけどしそうになった。


バカだよ・・・;◇;


「まちがいなく、近年まれにみる名シーンだ」
マジメに語る夫もオカシイ(笑)


で、3回目ぐらいにやっと


目を開けて
寸止めをした綾野さんが(もう裕じゃない)
峯太から身体を離すときに

「ごめん。重いよね、今のナシ」
と、小さく言っているのに気づいて(遅っ)


またもや


死にそうにT◇T


もーうーいーやーだー


切な過ぎるでしょう
こんなのない。



やっぱりだ

やっぱり裕は峯太に負担をかけまいと

いつも幸せそうに振舞っていただけ・・・


うえーんT△T






寸止めシーンは別格として

そのあとの

チャーハンの材料を一生懸命

必死で涙をこらえて答えている
綾野さんの表情が

ヤバイ、好き。


「オレバカだから」って
おどけてみせる峯太も

今まででイチバン好き。


お互い好き同士なのに

お互いがお互いを大切にいたわり合っているのに

片方が『恋』じゃないだけで

男か女かの違いなだけで


こんなにも苦しい。


今までこんなに苦しい悲恋はみたことない。


片想いとか不倫とか
かすんじゃう。

お互いに異性が好き
ってだけで
異性愛者同士は、すでにひとつ恋愛のハードルをクリアできている。





予告もスゴイ。。。

これからいったいどうなるのか


夢中すぎ(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

♪お返事です

♪nonさん

さっそくのお便りありがとうございます!

頭の中が整理できていないうちに書いてしまったので、文章がメチャクチャでごめんなさい。
nonさんが書いて下さる感想のひとつひとつがすごく的確で楽しくてどきどきします。
無自覚でイノセント・・・だから事が起こるときは大きく深く・・・はぁっ(ため息:笑)
峯太にとって裕は、本当の母親から得られなかった母性愛を与えてくれる存在でもあるんですよね~。友愛、恋愛、親子愛・・・深いです。

切なさに歪む顔・・ワタシ達の大好きポイントは、ソコで決まりですね◎

満島ひかりちゃんといえば、「開拓者たち」というNHKのドラマで綾野さんと年の離れた兄弟役を演じていて、ひかりちゃんがお姉さんなんですが、なかなか見ごたえのあるドラマでした。
ホント、これから目が離せない展開が待っていますが、どんな結末にせよ「j人を愛するっていいな」と思わせてくれる作品になればいいな~。「欠落は愛で埋められる」ワタシの勝手なクレオパトラテーマです。

それでは、相変わらずの長ーい文章にお付き合い下さり本当にありがとうございます。
お言葉に甘えて、多分まだまだ語ります^^;

今日もお仕事がんばってください。無理せず休み休み、ですよ。

感想ありがとうございます!

そよさんの言葉が、ビシビシ心に響いて、切なさ倍増です。

離れて過ごす夜も、一緒に過ごす夜も、どっちも苦しくて切ない。名言です!
S心なんて、どこかに飛んでいってしまいました。
もう、これ以上、苦しまないで裕くん。と本気で願いましたから。

いや、それにしても、裕くん、魔性ですね。それも無自覚である意味イノセント。
なので、事が起こる時は、大きく深い出来事になりそう。

でも、こんないい女的な裕くんに、ここまで尽くされて、峯太は離れられるのでしょうか?
いっそ、一緒になってくれてもいいのよ~とも思いますが、
決して、そうはなりませんよね。

タオルのシーン、私も何度もリピートしました。それとマカロンのシーンも。
本当に、そこらの恋愛ドラマには無い、息の詰まるドキドキ感がありますね。

次回は、今回以上の修羅場になることは必至。裕くんに幸せになってもらいたいけど、
切なさに歪む顔も、やっぱり見てみたいということで、S心は健在でした。

では、来週も裕くんと峰太の行く末を見守りましょう!
そして、そよさん、思い切り語ってください。
ドラマと同じぐらい楽しみにしています。

それから、お返事ありがとうございました!やっぱり私たち好みが似てますね。
また、満島ひかりちゃんもドラマに出てほしいものです。
不安定なお天気が続くようですから、体調に気をつけてくださいね。
お休みなさい☆



ブログ内検索
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。