スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0824

DSC04727_convert_20120823222526.jpg
向井理さんと尾野真千子さんがいそう・・・(笑)


さて、昨日は綾野さん出演作品
映画『はさみ』をレンタルで鑑賞♪

東京中野区にある理容美容専門学校が舞台で
さまざまな問題を抱えながらも夢に立ち向かっていく
若き生徒達と彼らを支える先生達の物語。

主演は新人教員役の池脇千鶴さんで
悩み苦しみながらも少しずつ前進する生徒役には
徳永えりちゃん、窪田正孝くん、と
若手演技派俳優さんが揃っています。

好きな作品でした◎

『ジョゼと虎と魚たち』でも感じましたが
池脇千鶴さんの凛とした強さは、見てるだけで
力がもらえる感じ。

セリフのひとつひとつが
彼女が言うとなんだか妙に説得力があるんだよな~(笑)


で、

綾野さんの役どころは

生徒役の徳永えりちゃんのカレシ役。


企業のチラシなどを手がけるデザイナー。

えりちゃん曰く

すごい才能のある人で
マジメで繊細で、でも仕事うまくいってなくて・・・。

そよかぜ曰く、

アーティスティックで
繊細な男。

街の本屋さんでね
立ち読みしてるだけで
絵になる男。

仕事用のペン先に火をつけて眺め
灰皿から床に転げおちても無関心な
危げな男。

消え入りそうな声で
ぽそりぽそりとやさしげに話し

最初から最後まで
切ない表情の男

綾野剛さん。


意外な作品で本領発揮されていたのですね^◇^


自分の好きな事、を仕事という枠の中で
妥協させなければいけない事に心が耐え切れず

失踪後、電車の中で泣きながら女性乗客に抱きつくという
軽犯罪をおかしてしまった綾野さん。



泣きながら?
女性に?
抱きつく?



みたかったけど映像にはなかったよ
そのシーンT◇T(笑)



そんなカレシの現実を目の当たりにし
ますます前に進めなくなるえりちゃんに

池脇先生がかける言葉が印象的でした。

「才能があるから必ずうまくいくって、そんな単純なものじゃないよ。
結果がどうあれ、やり続けることでしかみえてこないものがあると思う。」


生徒達は、悩みながらも少しずつ夢に向かって前進するのだけど
彼らと対比させるように描かれていたのが綾野さんだったように感じました。


「好きなことを、仕事にするんじゃなかったよ」

綾野さんが東京から離れる前、最後にえりちゃんに言った言葉。

でも、綾野さんのその言葉で、えりちゃんは前に進む決心がつくのです。


深いですねぇ。



そこで、ふと思ったのですが

この綾野さんって、このまま東京を離れて
芸術家が集まる村で
キャンドルアーティストを目指すんじゃなかろか?

Lifeのイサムになるんじゃなかろか?


ンなワケないけどね(笑)



さてさてさて♪

今週末から月末にかけて
ちょいと忙しい

味スタの夏フェス行って
帰ってきてバイト行って
飲み会ひとつ行って

綾野さんの舞台行って
バイトの研修行って
また舞台行って

ほぼ遊びだ(笑)



バイトで失敗したり
人間関係でちょっと困ったり
実家のことで悩んだり

がんばってもなかなか出来ないこともある。
人には言えないこと
言いたくないこと
だってある。

よくみりゃワタシの人生、
楽しくないことだってそれなりにあるみたい。


だけどね
楽しいことの方がね
ぜったい多いと思うよ。


そういうことにしておくのだv^◇^



では来月♪♪

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。