スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0913

帰ってきました。

もはや、勝手に開催していた
綾野剛サマーツアー☆

全力で駆け抜けた夏(笑)


いやあ~

さいこーでした。

10日の夜公演は、席が良かったので
またもや、老眼ぎみの遠視大活躍。

ギターを弾いてるときのニヒルな微笑み・・・

困ります。

しかも見るたび顔ちっさくなってる気がするし
ロン毛のカツラが、前回よりものすごく自然になってて
ビックリ。

なじんだんだろうか?


お芝居も、前回より回数をこなされた分、緊張が少しほどけた感じもしました。
というより、前回は観ているワタシが誰よりも緊張してたのかも(笑)

でも計4回、キモチワルイほど綾野さんを観察した結果。

クールでめちゃめちゃカッコイイ綾野剛さん。
でも本当は不器用で素朴なひとなんじゃないかなって、思いました。

クールなパフォーマンスの端々にちょっぴり見え隠れするぎこちなさとか
アンコールで、めちゃめちゃ盛り上がって
思わず手が片瀬さんにぶつかってしまい
丁寧に謝ってたりとかね

もうイヤだー
もうこれ以上狂いたくない。

ああ神様、
素の綾野さんが良い人だと困ります。
どうか本当は嫌な男でありますように。

もはや舞台中、祈るような気持ちになってきました(笑)

そして11日、東京公演最終日。

そんな祈りも忘れ(笑)盛り上がっちゃいましたー☆

カーテンコールの綾野さん登場で思わず悲鳴をあげ
ライブ形式のアンコールでは
思わずジャンプ☆

いつもは膝を曲げてリズムとってただけだったのに

飛んじゃいましたよ、最終日。

39なのに^^;

しかし、最後の最後にやっぱりみてしまった。

主演者のみなさんが一列に手を繋いで、わーって盛り上がる
ほんとのほんとの最後のカーテンコール。
主役の福士くんを中心にメインの出演者のみなさんが真ん中に集まる感じで
今までは、綾野さんは福士くんの隣にいたのですが

最終日は、急に周りを見渡しはじめた綾野さん、いろんな出演者のみなさんに
「どーぞ、どーぞ」って感じで舞台中央に促しながら
自分はどんどん端のほうにそろそろ下がっていって
とうとういちばん端っこになってた。

き、気遣い屋さんかい?


わー

困る(笑)

うすうす気づいてたけど、目の当たりしてしまうと
再確認しちゃうじゃん。


謙虚な男、綾野剛(笑)


多くの歓声に包まれた綾野さんは

とまどいと感謝と

不安と喜びと

そんな気持ちが入り混じっていたような
そんな表情をされていました。

観客のみんながどれだけ大きく手を振っても
胸の前で拝むように「ありがとう」を表現していた姿が
とても印象的で。

「恐縮です」
言ってないのに、全身から聞こえてきそうで。


最後の最後にはける直前
ほんとにギリギリのところで

「気をつけて帰ってね」


恥ずかしそうに言っていたのが

ワタシがみることが出来た

綾野剛さんの最後の姿。



狂いますね。



もう観念します(笑)



では、どーにもこーにも文章がまとまらないので

今宵はこれまで^^;

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。