スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1010

DSC04764_convert_20121009175742.jpg

今シーズンのチャレンジ作品
ひとつめ完成v^◇^

大好きなみかん色の毛糸と
勝手にアレンジしたカラフルなボタンが
お気に入り♪

先週末から、はりきってお店で着用して
がんがん接客しております。

編地も綺麗じゃないし
ヘタクソなんですけど^^;
それが今の自分の現実ですから
隠しても悩んでもしかたありまへん(笑)

編み物って楽しい!
ヘタでも完成するし
ヘタでもアレンジだってしちゃうのだ!

と、
ソコをモーレツにアピール^◇^

さ、真冬に向けて
次は袖があるものを編も♪


ハナシ変わりまして・・

NHKのBSで『裸にしたい男』という
タイトルだけ言ったり書いたりすると
『少年倶楽部』同様(笑)
ちょっとこっぱずかしい番組があるのですが

旬の俳優さんに密着するドキュメント番組で
なかなか見ごたえがあって面白い
NHK的『情熱大陸』です。

春に佐藤健くんも出ていたので、一応録画して保存^◇^(笑)

で、なんと来月末には
綾野剛さん登場☆

ああ、今年はNHKさんに翻弄されっぱなし^^;


とりあえず来月末まで、まだまだ遠いけど
予告はやってるらしいので、その数十秒でもみたい!録画録画!
と、色々舐めるようにチェックしていたら
その日はちょうど竹野内豊さんが裸にされる日でした(笑)

ラッキー☆

以前にも、ごちゃごちゃ書きましたが
竹野内豊さんも大好きな俳優さんのひとり。
でも、彼に関しては俳優として・・というより
リアルに理想の男性像☆

って、なんだ、この上から発言。
すみません^^;

ででっ、もちろん録画してはりきってみたのですが
てっきり、何かのお仕事に密着ドキュメント形式なのかと思ったら
全然違ってて

竹野内さんが、ハリウッドの有名な演技指導のプロに
2週間限定で演技レッスンを受ける、
という企画でした。

うわうわ
キンチョウ。

なんだかワタシ自身が
竹野内さんの内面に土足で入り込むような感覚。


レッスン初日

音楽をかけ、いきなり踊りだしたり奇声を発したりする
コーチ、ロベルタ。

わー彼女は本物です。

そして、彼女の隣で困惑顔でかたまっている竹野内さん。

わーやっぱり困ってるT◇T

ロベルタが竹野内さんに教えようとしている事は
ワタシにも理解できることもあり理解不可能な事もあり
ここで書こうとすると、無駄にどえらく長くなりそうなので
やめときますが、とにかく


「自己をむき出しにして、役に狂え!」



そんな要求をされていた竹野内さん。

彼にとって、ソレってもっとも居心地が悪いことなんじゃないだろうか?

だって、ワタシが感じている竹野内豊さんというひとは
そういうことをしないシャイで硬派な男ですから。

演技の途中で、まったく動けなくなって、
放棄するように膝を抱えて座り込んでしまった
竹野内さん。

「客観的に頭で考えてしまう」
「人にみせたくない部分をみせるのは・・・」

コーチにそう答える苦しそうな表情。

結構、ハードな映像でした。

ときどき、はさみこまれるインタビューから

彼が、芸能界に入って得たもの、失ったものを想像することができ
20年弱の長い役者人生の中で
芸能人として生きていくために
彼が身につけた処世術のようなものがあるんだな、
とも感じました。

「スタッフに迷惑をかけちゃいけないし・・」

竹野内さんが
ぼそって言ったそのひとことが

ワタシにとっては、嬉しくもあり悲しくもあり。

人としての魅力と
役者としての魅力と

ムズカシイです。


なんだか色々考えてしまった番組だったので
そのあと、夫と近所の居酒屋に行ったときに
酔っ払ったついでに、ちょっと話してみました。


「けんけんがくがくしかじかでさ・・・
そのコーチがさ、いきなり
音楽をかけて急に踊りだしたりするんだよねー」


「綾野さん放り込んでみたいね」


夫よ・・・


ナゼ、ワタシがいちばん言いたかったことが

わかるんだい?


貴方もファンですか?(笑)




いや、竹野内さんにも
かなり思い入れ強く観ていたのは本当なのですが
やっぱり、ちょいちょい
考えちゃうんですよね。

綾野さんならどうなんだろうって。

しかもロベルタが演技について言ってることと
綾野さんがインタビューなどで言ってることが
結構リンクすることが多くて

綾野さんは
極限まで自己と向き合いむき出し
「役に狂える」
ロベルタ側の人間なのかな~って

ほんのり思ったり。

30代になったばかりの綾野さんと
41歳の竹野内さん。
そういう違いもあるのかな。

ワタシごときにわかるわけがないけれど。


結局夫婦の結論は

竹野内豊さんは、あの硬派でシャイなところが
最大の魅力なんだよ。

で、お酒飲み干した(笑)


さてさて
今日はこれから行ってまいります。


『新しい靴を買わなくちゃ』鑑賞♪

綾野さんが、
アノ監督とプロデュースをされたアノ方の作品と世界観の中で
どんな狂い方をしたのか

ソレが楽しみ(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。