スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0610

DSC00745_convert_20080610201538.jpg

快晴。
きっと今年いちばんの夏日だな!


昨日からの
突然の夏の到来に
なにやら違和感を感じていたそよかぜ。

この感じ・・・そうそう確かに
この感じ・・・

この太陽・・・
この空・・・
この陽気・・・



う゛~っ!

なんだっけえ~?!

記憶と言葉がみつからないまま
昨日は、パソコンを閉じた。



でも

今日ようやくわかった◎


梅雨が明けたみたいな陽気



なのだ(笑)



フゥすっきり^^;



盛岡の春は
そよかぜが知ってるそれより
ちょっぴり(かなり:笑)寒くて
ワタシのカラダは
勝手に
梅雨入りモードだったの
かも。


まだなのに(笑)



昨夜は
そんなモヤモヤなまま
パソコンに向かっていたら
だいぶ遅い時間になってしまい
慌てて布団に入った。

でも
なんだかやたら目が冴えまくり☆
夫も出張だったので

ひとりで

寝なきゃ寝なきゃ

思いつつ

新しい本を手にとってしまった。

しかも・・・


石田衣良さんの
『娼年』(笑)

文字通り
娼婦のようなオシゴトをする
少年の話♪


うひょひょ
うほうほ

読み進めるうちに

案の定
やめられなくなり

これが、ぶ厚くて手ごわい
長編
だったら
あきらめるものの

結構薄い本なものだから・・・

しかも

石田衣良さんの
性描写は

とても
清潔で淡白で・・・
穏やかな小川のせせらぎが
流れるように
進んでいくのだ。

だから


主人公の娼年とともに
そよかぜも

そのゆるやかな
流れに身をまかせるように

何人もの
変わった性癖の女性達を
抱いてしまった気分・・・


そんなバカな(笑)



夜中の2時過ぎから
読み始めた
『娼年』は

朝4時過ぎに
おだやかに結末を迎えた(笑)


時計の針が
4時を回る頃から

外はどんどん明るくなり
読み終わると同時に

新聞配達のバイクのエンジン音や
小鳥のさえずりが

嘘みたいに騒々しくて


それがホントに
嘘みたいに
賑やかなので

たまらず
そっと布団から出て
窓をあけてみると


うおぉ~!!


まぶすぅい~!!!




まだ4時台なのに
こんなに晴れてて
いいんだろうか・・・


小説の世界から
まだ抜け出せていない
うつろな
ワタシのキモチと

あまりにも
真逆の

スカッとした
早朝の景色に


ますます
眠れなく・・・
ってか朝だよう(笑)




その後も
布団の中と部屋の中を
ウロウロするも

結局
熟睡することはできず

爽やかな朝に
爽やかでない
いでたちで

9時に、むっくり起床。



なにやってんだ(笑)



でも

朝4時から夜7時まで
15時間
太陽と過ごせる
この季節


今日は
まるまる
体験できて


なんだか
うれしい^^





でも・・・










今夜は
ちゃんと寝るゾ☆(笑)



参加してみました♪
よろしければぽちりと^^

ブログ内検索
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。