スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1214

CA3F0078_convert_20101214140921.jpg
画像は先日行った
三鷹の森 ジブリ美術館入り口ですが
今日はノルウェイの森の感想を^◇^

いやあ~

エロまったり映画(笑)

小説って、こんなに
エロエロでしたっけ??

トランさん?


観終わったあと
「松ケンおつかれっ!」と

思わずにはいられません^◇^;




が、しかし
松山ケンイチ版ワタナベくんは
素晴らしい完成度☆☆☆


村上春樹が紡ぎ出す
アノ台詞の数々を
彼は見事に自分のモノにしていました。



映像がない、文章だけの世界だからこそ
読み手の感情を揺さぶる
小説ならではの
独特の言い回し。

それが、小説と映像作品との違いだと思うし
漫画とも違う
話し言葉の会話中心で物語が作られている
ケイタイ小説とも違う

小説だから成立している世界。


だから、小説を映像化するって
もともとコトバしかないモノに
映像や音をくっつけてしまう作業。


監督が
イチ読者として自分の頭ン中に描いた世界を映像で表し、
その表現の仕方に作り手の技術やセンスが
盛り込まれているんだろうなあ

と思いながら
ワタシはいつも小説の映像化作品を
楽しんでいます。



ちょっと話がそれましたが・・・

そんな読み手の数だけある
架空の人物ワタナベを演じた
松ケンは

ワタナベくんの台詞を
忠実にそして完全に自分のコトバとして
演じてみせることによって

イメージはあるけど
あくまでうすぼんやりとしていた
主人公を

「あーそっか、
ワタナベくんって
松ケンだったのね~」


とまで思わせます(笑)


それが俳優 松山ケンイチ
の演技力☆
なのかしら~。




松ケン作品で
ワタシのお気に入りは

『人のセックスを笑うな』
『ウルトラミラクルラブストーリー』
のふたつなのですが

どうやらワタシは
『純粋な青年』を演じる
松ケンが好きらしい。

いや、たぶん・・・


純粋な青年
が好きなだけかも(笑)




演技派俳優(好きな俳優:笑)は
他にもたくさんいるから
もし
ワタナベくんが



瑛太だったら?
成宮くんだったら?
山田孝之くんだったら?
向井理くんだったら?

妻夫木くんだったら?

うーん
堺雅人さんだったら?
竹之内豊さんだったら?(でた)

もはや年齢無視(笑)


ぶっきーは、直子の後を追って逝ってしまいそうだし
成宮くんは、もっとエロエロになりそうだし
山田くんは、直子のためにナゼか犯罪犯しそうだし(それは白夜行?)
堺雅人さんは、直子の病気を治してしまいそうだし

最初にイメージした瑛太は
うーーーーん
劇中不可欠な
白ランニングと白ブリーフ姿が想像できないから
ムズカシイ(笑)

竹之内さんは、んー
療養所の近くでいつも直子を見守ってて
直子の自殺をすんでで
阻止できそう。


いまブレイク中の向井くんは・・・
なんか違うな。



でも、みんなレトロな感じが
似合いそう。
それぞれ
ちょっと観てみたいかも//▽//


はっ

しまった

妄想の国に行ってしもた^^;





小説を再読したときは
初読の中学生のときと
こんなに大人になってからの感想が
あまりに違わなくて
自分にちょっと期待ハズレだったのですが

映画を観た自分はちょっと違ってました。


中学生のときは
『死』のほうへの感想の比重が高くて
感想文に、『この小説は死者への鎮魂歌だ』とか
いっちょまえに書いた記憶があります(笑)

でも、今の自分は
『死』より『生』のほう。

『残され生き続けなければいけない者』の『喪失感』に
強く心を揺さぶられました。




直子の死に打ちひしがれ
海岸で号泣するワタナベくん。


その映像にかぶせられた
彼のナレーションが特に印象的。

ウロ覚えなので
ニュアンスだけですが・・・


「今は、哀しみぬくことしかできない。
そして、その哀しみから抜け出す方法をみつけられたとしても
その方法は、次の哀しみには全く役に立たないのだろう。」





大人になった今の自分が
愛する人を失う喪失感を
想像することができるのと


生きていくって

みんなそれぞれ大変で
みんなそれぞれがんばってんだよ


と、思うから


死を選んでしまった登場人物たちへ
もう鎮魂歌を歌う気持ちには
なれなかったのが、正直な感想です。




そして、また二十年後ぐらいに
この小説を再々読して

今の自分を
いっちょまえに何言ってんだか



懐かしく
思い出すのでしょうなぁ^▽^


コメントの投稿

非公開コメント

♪お返事です

♪AIさん

妄想キャスティング劇場に、お付き合い頂き^^;
ありがとうございます(笑)

ワタシのイメージが繊細で優しい感じ・・・
う、うれしすぎますT-T

しかし、繊細男子に果てしなく憧れるワタシは
太ペンマッキーで書いたような容貌・・・
残念ながら・・・(笑)

ダンナさまとのデートに
ノルウェイの森、おすすめでーす♪

あの・・・ご主人と(笑)・・・宇宙人さんが浮かびます(汗)
エロまったり映画を2人でみたのですね(笑)
あはは♪

松ケンは、はまり役なんですね。
瑛太くんもうまいだろうけど…ナイーブな感じがまた違うかもですね~。
成宮くんエロエロ(アハハっ)
山田くんの白夜行のイメージ(爆)。堺さん、向井くん、竹ノ内さんう~ん。
AIは、以外と手越くんも・・・。いいかな。映画「疾走」のときの思春期の繊細なてごちゃんな感じ。
それぞれ見たいですよね!読者の数だけ、それだけの渡辺くんがあるわけだし☆

「生」「死」観って
自分の生きざまですよね。
そよかぜさんは、繊細で優しい感じがします(勝手にすいません)
だんなと見てみたくなりました。
ありがとうございます。
ブログ内検索
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。